ファミリーマートは、クックパッドが展開する生鮮食品EC「クックパッドマート」で注文した商品を受け取れる生鮮宅配ボックス「マートステーション」を、東京都と神奈川県の70店に設置しました。10月29日よりサービスの本格展開を開始し、設置店舗を順次拡大予定です。

クックパッドマートは、スマートフォンアプリで精肉や鮮魚などを購入できるサービスで、すでに東京都と神奈川県のドラッグストアなどに宅配ボックスを設置しています。

利用者側にとってのメリットは、事前にクックパッドマートのアプリから商品の注文や決済を済ませ、受け取り場所と時間を指定することで、店員と対面せずに商品を受け取れることです。

一方、店舗側にとってのメリットは、出店に伴う固定費や初期費用が不要で、小規模な店舗でもデリバリーやテイクアウト販売を行えることです。

ファミリーマートでは10月初旬より、東京都と神奈川県の一部店舗に「マートステーション」を先行導入していました。ファミリーマートによりますと、来店客が惣菜や調味料などを購入する傾向にあるほか、女性客を中心に好評だったことから、合計70店に拡大し、サービスの本格展開を決めたということです。


source:ファミリーマート