Jonathan Ernst / reuters
Jonathan Ernst / reuters

FacebookとInstagramが、トランプ大統領のアカウントを無期限停止にする措置を実施しました。両サービスは、6日に発生した米議会での群衆の暴徒化を称賛する動画を複数のSNSに投稿しており、それがFacebookおよびInstagramのポリシーに違反したとして、トランプ氏のアカウントを24時間停止すると発表していました。

アカウント停止措置を”無期限”に延長した理由について、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは「(バイデン氏が就任する1月20日までの)期間中、トランプ氏が当社のサービスを使い続けるリスクは非常に大きいと認識している」と述べ「(トランプ氏の)FacebookとInstagramのアカウントの停止措置を無期限に、少なくとも大統領権限の移行が完了する2週間後までは延長する」としました。

トランプ氏のアカウント停止は、TwitterとSnapchatも実施しています。特にTwitterは、トランプ氏がポリシー違反を続けるならばアカウントの永久停止もありうると警告しています。

ザッカーバーグCEOはFacebookへの投稿内容は下のとおり。

この24時間に起こった衝撃的な出来事は、ドナルド・トランプ大統領が選挙で選ばれた次期大統領ジョー・バイデン氏への平和的かつ合法的な権限移譲を弱体化させる意図を明確に示しています。
合衆国国会議事堂で起こった彼の支持者らの行動を非難せず、むしろ容認する態度をSNSアカウントを通じて示すという彼の判断は、米国および世界中の人々を当然ながら困惑させました。我々は昨日、これらのトランプ氏の声明を削除しました。その投稿がさらなる暴力を誘発することになる(そしておそらくそれを意図している)と判断したからです。
議会による選挙結果の認定を受けて、彼の残り任期13日間と新大統領就任後の数日間が、確立された民主主義的規範にのっとって平和裏に過ぎるようにすることが、いまこの国全体にとっての優先事項でなければなりません。
ここ数年、私たちはトランプ大統領が自らのルールで我々のプラットフォームを使うことを許してきました。しかし、時にはコンテンツを削除したり、我々のポリシーに違反する旨を示すラベル付けをしたりすることもありました。これは一般の人々が政治的な言論、たとえ議論を巻き起こすような言論でも可能な限り広くそれにアクセスする権利があると信じているからです。しかし、いまや根本的に状況が異なっており、民主的に選出された政府に対する暴力的な反乱を扇動するために、われわれのプラットフォームが使われています。
われわれは、大統領がこの期間中、トランプ氏が当社のサービスを使い続けるリスクは非常に大きいと認識しています。従って、われわれは彼のFacebookとInstagramアカウントに施した停止措置を無期限に、少なくとも今後2週間、権力の平和的な移行が完了するまで延長します。

source:Facebook