Facebook、政治家でも「ポリシー違反ならラベル付け」へ方針転換。削除はせず

渋々…?

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年06月27日, 午後 07:51 in Mark Zuckerberg
0シェア
FacebookTwitter
BRENDAN SMIALOWSKI via Getty Images
BRENDAN SMIALOWSKI via Getty Images

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOがこれまでの方針を覆し、今後は政治家によるFacebookのポリシーに反する投稿にラベル付けを行うことを明らかにしました。ザッカーバーグ氏は「ニュース価値があると思われるために残したコンテンツの一部に、すみやかにラベル付けを実施する」と述べました。

これはTwitterなどがトランプ大統領の不確かな情報の投稿や国民への脅迫ともとれる内容の投稿に対してラベル付けしたり非表示にするといった措置を講じているのに対し、Facebookが同様の投稿を放置し続けたことへの社内外から批判の高まりを受けての対応です。

ただし、ザッカーバーグ氏は声明のなかでラベル付けを行うことに関し「これはわれわれの社会で何が許容されるかについて話し合うための重要な部分でもあるため、他の問題あるコンテンツと同様に、このコンテンツをシェアして非難もできるように留め置く。ただし、そのコンテンツがわれわれのポリシーに違反している可能性があることを伝えるプロンプトを追加する」としました。

ザッカーバーグ氏はこの問題においてトランプ大統領の名前を出すことはありませんでした。またこの新しいルールが具体的にいつ機能し始めるかなどにはしていません。

ザッカーバーグ氏は当初、大統領の投稿に対し「ポリシー違反とは言えない」「Facebookが何が正しいかを決めるべきではない」との考えを示して具体的対応を避けました。しかし、他のSNSサービスが正しい情報をユーザーに届けるべくポリシーに沿った対応をしているだけに、従業員からは批判の声が相次ぎました。

こうした批判の高まりに対し、ザッカーバーグ氏は6月7日、Facebookのポリシーを点検すると発表し事態の沈静化をはかりました。しかしその後も政治家の投稿に対する具体的な行動はなく、 米国最大のユダヤ人団体である名誉毀損某誌同盟(ADL)や全米黒人地位向上協会(NAACP)、公民権擁護団体のColor of Changeなど6団体がFacebookへの広告出稿見合わせを呼びかけました。

さらに6月20日にはアパレルブランドのNorth Faceが、「私たちはFacebookへの広告をとりやめます」とツイートし、他の広告主へも7月度の広告出稿ボイコットを呼びかけました。これにはアウトドアブランドPatagoniaを持つREIをはじめ、Mozilla、Verizon、ユニリーバなどといった様々な企業・団体やブランドが応じています。

このような流れの中で発表された今回の新方針ですが、すでに一部ではその効力に疑問の声も上がっています。ADLは「マーク・ザッカーバーグの今日の反応は十分ではなかった」と述べ、Color of ChangeのRashad Robinson氏は時間の無駄だったと酷評しています。

そして、ザッカーバーグ氏の発表の後も広告出稿ボイコットの動きは止まっていないようです。27日にはコカ・コーラ・カンパニー、ハーシー、そしてホンダが新たにFacebookへの広告取りやめを発表しました。すでにFacebookへの広告を取りやめた企業や団体の数は120を超えたとされます。

Facebook幹部は、広告主に対して「広告収益への圧力を利用したポリシー変更は行わない」と通達したと伝えられています。しかし、Facebookへの広告は新型コロナウイルスのパンデミックによって減少しており、さらに今回の広告取りやめの動きが打撃を与えることが予想されます。また株価も26日以降、大きく下げたまま回復していません。

なお、ザッカーバーグ氏はポリシーに反する投稿へのラベル付けのほかに、人種差別を助長するような広告に関して明示的に禁止する新たなポリシーも発表しました。こちらは「特定の人種、民族、国籍、宗教、カースト、性的指向、性同一性、または移民ステータスの人々が、他者の身の安全や健康や生存に対する脅威であるという主張を禁止する」としました。

さらに、来る2020年大統領選挙に備え、最も有権者に対して抑圧的なキャンペーンが行われる選挙開始直前の72時間のあいだ、投票に関する情報を積極的に監視し、脅迫や誤解を招くような投稿、たとえば「移民・関税執行局が投票所の前で入国管理書類を確認している」など虚偽の主張や、仲間内での投票の監視や干渉といった脅威を取り除くとしています。

source:Facebook

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Mark Zuckerberg, Verizon, internet, Social media, Facebook, civil rights, advertising, news, gear
0シェア
FacebookTwitter