featherless drone

NTTドコモが光りながら飛行する「羽根のないドローン」の新型機体を開発しました。イベントや商業施設の空間演出などでの活用を想定しており、2021 年度内の商用化をめざす、としています。

プロペラや羽ばたき翼によって空中を移動する従来のドローンとは異なり、羽根のないドローンはヘリウムガスが充てんされた風船の浮力によって浮遊し、さらに空気ポンプとして動作する超音波振動モジュールによって推進力を生み出すことで、空中を移動する仕組みです。

超音波振動モジュールは人が触っても安全な微小な振動で動作するため、人や物に衝突しても大きなけがや破損につながる可能性が低いほか、飛行時の音も小さく、イベントや商業施設などの人がいる場所での飛行に適している、と同社は説明します。

もともとは2019年に開発したといいますが、新型機体にはフルカラーLEDを搭載し、空間演出に向く仕様へと進化。アクションカメラの搭載も可能なため、空撮への活用も期待できます。

また、推進力の向上による安定した飛行のほか、ネットワーク経由での制御も可能となり、自動飛行などのシステム化も容易になったとのこと。

ちなみに、羽根のないドローンの技術を活用した機体としては、2021年02月22日=猫の日に猫に愛されるために生まれたとする猫型ドローン「にゃろーん」のプロモーション動画が公開されていました。羽根のないドローンは下のイメージ画像のように丸みを帯びているため、広告媒体としての活用も期待できそうです。

  • 直径:最大約 90cm

  • 最大飛行速度:約20cm/秒

  • 連続飛行時間:約1~2時間

  • 通信などその他の機能:Wi-Fi 、制御機能

※上記は2021年11月12日(金)時点でのスペック

featherless drone


NTTドコモ