image

ゲームタイトル配信プラットフォーム「Steam」でプレイ可能な作品の中から、”今話題の人気作”や”ツッコミ必至の珍作”まで、見逃し厳禁のおすすめインディーゲームをピックアップ!今回ご紹介するのは『Fight'N Rage』です。

-> Fight'N Rage (Steam)

発掘!名作ゲーム 連載一覧

往年のベルトスクロールアクションをリスペクト

image

『Fight'N Rage』はsebagamesdevが開発を手掛けたベルトスクロールアクションゲーム。ステージ道中に群がるザコ敵を蹴散らし、ミュータントの支配から人間を解放しましょう。

image

本作を端的に表すなら、"古き良き90年代のベルトスクロールアクション"というフレーズがまさしくピッタリです。ゲーム開始前にファイターを選択し、敵を倒しながらステージ右奥へ進行。最深部で待ち受けるボスキャラクターを撃破後、より強力な敵がはびこる新ステージへ挑戦……といった具合に、プレイヤーのとるべき行動は非常にシンプル。『ファイナルファイト』や『ベアナックル』等々、往年の名作ベルトスクロールアクションに一度でも触れたことがある方なら、少しのプレイで感覚を掴めるはずです。

image

ゲームバランスは簡単過ぎず、難し過ぎない程よい難易度。ただしノーマルでも敵の攻撃頻度が多いため、油断していると序盤からクレジットをどんどん減らす羽目になります。加えて仕組み自体が分かりやすく、それでいてリトライ性も高い(繰り返し遊びやすい)。総じて見ると「挑戦するたびに腕前が上達している感覚」を味わいやすいと言えるでしょう。

操作方法と攻撃アクション

image

本作の基本操作はそれほど多くなく、他のベルトスクロールアクション作品とほぼ同等です。まずは敵に囲まれないようエリア内を動き回り、距離の近い敵へ向かって「通常攻撃」。そのままコンボ攻撃へ繋げれば、手っ取り早く相手のダウンを奪うことができます。

image

SPゲージを消費して発動する「スペシャル攻撃」は、敵をまとめてふっ飛ばしたい時に非常に便利。一部の技は当たり判定が広いこともあり、敵に挟まれた状態からでも容易に脱出できます。SPゲージが溜まっていなくても発動こそできますが、代わりに体力ゲージを消費してしまう点には注意してください。

image

ステージによってはオブジェクト内部から「SPボール」が見つかる場合もあります。SPボールを拾った場合、タイムリミットが訪れるまでスペシャル攻撃をノーリスクで連発可能。運よく見つけることができたのなら、忘れずに拾って力を解き放ちましょう。

性能がハッキリ異なる3名のファイター

image

序盤からプレイヤーが扱えるファイターは計3名。その中でも「F.NORRIS」は最もオーソドックスな性能を持ち、近距離の肉弾戦をはじめ、中距離から敵キャラクターへ攻撃を仕掛ける奇襲戦法までソツなくこなせます。その場で回転しながら蹴り上げるスペシャル攻撃を習得しているため、ある程度の乱戦も対応可能です。

image

3名のうち、唯一の女性ファイター「GAL」はとにかく見た目がセクシー&キュート。赤いチャイナ服を身にまとい、軽やかな身のこなしでミュータントを翻弄します。素早さに特化している分、攻撃力はやや控えめ。敵に囲まれない立ち回りを意識しつつ、ジャンプ攻撃やスペシャル攻撃を織り交ぜたコンボを叩き込みましょう。

image

ミュータントでありながらミュータント軍団に反旗を翻し、人類の味方として戦い続ける「RICARDO」。彼は見た目通りのパワータイプで、巨大な体躯から鈍重な一撃を繰り出し、眼前の敵を粉々に粉砕します。動作が遅いためにステップ回避等は困難。その反面、耐久力はズバ抜けて高め。「とにかくゴリ押しで突き進みたい!」といった方に強くオススメします。

image

冒頭で述べた通り、『Fight'N Rage』はいたるところに名作ベルトスクロールアクションへのリスペクトが感じられる、ハイクオリティなレトロ風アクションゲームです。ストーリーを追う「アーケードモード」に加え、タイマン勝負が楽しめる「1vs1モード」、コインと引き換えにコスチューム等をアンロックする「エクストラモード」……などなど選べるモードも多種多様。ローカル協力プレイも実装されているため、家族や友人と一緒にミュータントを"仲良く"殴り倒せます。興味のある方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

-> Fight'N Rage (Steam)

発掘!名作ゲーム 連載一覧