「エヴァ × final」コラボイヤホン、8月6日に一般販売。無線と有線の2種類

ガイド音声もオリジナル

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年07月27日, 午後 05:00 in final
0シェア
FacebookTwitter
final eva
final

SNEXTは、同社のオーディオブランドfinalとエヴァンゲリオンのコラボレーションイヤホン「EVA2020 × final 完全ワイヤレスイヤホン」、「EVA2020 × final 3Dオーディオイヤホン」を8月6日に一般販売を開始すると発表しました。7月27日から予約の受付を開始しており、価格はワイヤレスイヤホンが1万9800円(税込)、有線イヤホンが2980円(税込)です。

EVA2020 × final 完全ワイヤレスイヤホンは、4月に発表され、日本テレビの通販サイトで先行販売が行われていたもの。この手のコラボモデルは、既存製品にロゴやイラストを追加しただけのものも少なくありません。しかし、オーディオ機器の製造も手掛けるfainalだけに、外観を含めて新規のオリジナル設計となっています。

デザインは、初号機、2号機、そしてMark.06をモチーフにした3モデル。もちろん、充電ケースも専用設計です。

final eva
final

また、電源ON/OFFやペアリング時のガイド音声も、エヴァンゲリオン作中のオペレーターである伊吹マヤ(CV:長沢美樹)が担当。本製品のために新収録したオリジナルアナウンスとのこと。

final eva
final

肝心の性能については、通信はBluetooth 5.0でSBC、AACそしてaptXにも対応。1回の充電で最大9時間、充電ケースを併用すれば最大63時間の音楽再生が可能です。

音質面では、イコライザーなしでも十分に満足できる音質になるまでドライバーなどの音響特性を追求。Bluetoothの特性上、やむを得ない高音域のみイコライザーで補正するという方法をとり、解像度が高くクリアなボーカルと迫力のある低音を両立したとしています。

もう1つの「EVA2020 × final 3Dオーディオイヤホン」は、アンビリカルケーブルをモチーフにした有線イヤホンです。

final eva
final

2chステレオ方式で制作された音源と、バイノーラル技術で制作された音源の違いの研究から生まれた3Dオーディオイヤホンです。アニメーションでは、キャラクターの感情を表現するために声質を変えたり、キャラクター同士の位置関係を表現するために、演者がマイクロフォンとの距離を変えたり、様々な手法で録音をしています。この3Dオーディオイヤホンを利用すると、そのような声質や距離感の変化を再現でき、自分が作品の中にいるような没入感をご体感できるとしています。

source: final

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: final, eva2020, evangelion, audio, av, earbuds, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents