AirPods Pro
Apple

アップルの開発者イベントWWDC21より。iOS 15の新機能として、AirPods Pro が「探す」ネットワークに対応します。

AirTag のように地図上に表示したり、近くにあれば音を鳴らして探せるほか、「探す」アプリの新機能である置き忘れ警告にも対応します。

AirPods Pro
Apple

AirPods Pro は従来から、iPhone 「探す」アプリ内の「デバイスを探す」タブから発見可能です。

iOS 15では、AirPods Pro も AirTag のように「探す」ネットワークに対応することで、街中の iPhone や iPad、Mac が網の目のようにセンサーとなって、近くにある AirPods Proを発見できるようになります。

さらに「探す」ネットワーク自体の新機能として、置き忘れ警告(セパレーションアラート)にも対応。どこかに置いたまま離れると、iPhoneに AirPods Pro を置き忘れたこと、現在の位置を伝える通知が届くようになります。

このほか AirPods Pro の新機能としては、ノイズキャンセルや外部音取り込みに使われるマイクや音響処理機能を応用して、聴こえを補助する「会話強調」も使えるようになります。

AirPods Proで聴こえを助ける「会話ブースト」機能、iOS 15で提供

このほか iPhone 向けの iOS 15新機能まとめはこちら。

iOS 15発表。iPhone 6s以降対応で今秋配信。標準アプリや通知など機能強化に重点

関連記事:

5分でわかるWWDC21まとめ。iOS 15、iPadOS 15、watchOS 8、macOS「Monterey」発表