Amazonにて「ブラックフライデー」の大規模セールが12月2日(木)23時59分まで開催中。

オススメのセール対象アイテムをご紹介します!

(数量制限や時間制限のあるアイテムもあります。売り切れにご注意を!)

Fire TV Stick 4K Max - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属

参考価格: ¥6,980

特選タイムセール: ¥3,980

OFF: ¥3,000 (43%)

ポイント: 40pt (1%)

Amazon ブラックフライデー Fire TV Stick 4K Max

以降、Engadgetにて以前掲載したレビューを再掲してお届けします。

Engadget

同機はAmazonのストリーミングメディアプレーヤーシリーズである、Fire TV Stickの最新モデル。大きなアップデート点としては搭載プロセッサが1.8GHz クアッドコアへと更新されたことで、従来のFire TV Stick 4Kよりも「40%パワフル」としています。また無線LANの接続もWi-Fi 6に対応しました。

実際の操作感は、プロセッサの強化点のおかげで電源のオンオフやアプリの起動、コンテンツの再生などが快適に、スムーズに完結します。

旧モデルやテレビに内蔵されたアプリの挙動に満足がいってない方には、これだけで買い替え(足し)の理由の一つにはなるかと思います。

Engadget

先行して別売りこそされていましたが、リモコンのアップデートも大きな特徴の一つです。Alexa対応でリモコンに話しかけることで、コンテンツの検索ができるように。これにより、文字列の中からカーソル移動で一文字づつキーワードを打ち込む面倒な作業から開放されました。


使うのは自宅なので周りの目も気にしなくてもいいし、圧倒的に楽ちんなので、私の生涯で一番音声操作を利用したデバイスになりました。

■2021年11月26日追記

Fire TV Stick 4K MaxはYouTubeを開いて何某かの動画を再生するのが主な利用方法です。「ビリヤード」「ソーキそば」「うさんぽ」等、今どうしても観たい動画のキーワードを声に出すだけでサッと検索結果が表示されるのはFire TV Stick 4K Maxならではの体験だと思います。

Engadget

また、リモコン下部に「Prime Video」「Netflix」「DAZN」「Prime music」のアプリボタンが配置されました。ただし私のテレビはYouTube再生機なので、「YouTube」のボタンは欲しかったところ。諸々の「調整」があってのチョイスかと思いますが、ユーザーが好きなアプリを4つを選択してくれる仕様にしてほしかったところです。

ちなみに、YouTubeアプリを起動中に電源を切れば、再度電源を入れるとYouTubeが表示される仕様のため、これを利用してほぼ専用機的な感じで利用しています。

画質は4Kで最大60fpの出力に対応し、Dolby Vision、HDR10、HDR10+に対応しました。オーディオはDolby Atmos、 7.1 チャンネルサラウンドに対応しています。

Engadget

また、ピクチャー・イン・ピクチャー機能にも対応しています。別室に設置したネットワークカメラと連携することで、子供の様子を見ながら試合観戦もできてしまいます。


このように、さまざまな点が強化された「Fire TV Stick 4K Max」。コンテンツをよりリッチに再生できるのはもちろんですが、ストレスが無い操作の挙動と音声入力に惹かれたのならば、その時点で購入を検討してみるのもいいかもしれません。

Fire TV Stick 4K Max Amazon ブラックフライデー