Fitbit Tile
Fitbit

FitbitとTileが提携し、FitrbitのフィットネストラッカーInspire 2が、「探しものトラッカー」Tileのアプリから追跡可能になることが発表されました。既存のInspire 2については3月23日から順次アップデートが提供され、追加費用なしでTileの追跡機能が利用できるようになるとのことです。

Tileの機能を利用することで、最後にトラッカーが検出された場所を確認したり、クラウドソーシングを利用して、他のTileユーザーが近くにいる場合にその場所を確認できます。また、スマートフォンがサイレントモードであっても、Inspire 2からスマートフォンの音を鳴らして探すことも可能。どこかに置き忘れた場合、スマートフォンから離れると通知を出すスマートアラート機能も備えますが、これには有料のTile Premium登録が必要です。

TileはFitbit以外にもHPやSkullcandy、GLIDiCなどのメーカーと提携しており、ノートパソコンやワイヤレスイヤホンでTileの機能を利用できます。

ところで、FitbitといえばGoogleに買収されたばかりです。そのFitbitがTileと提携したことで、事実上、GoogleとTileが手を組んだ形となります。AppleもAirTag(仮)を開発しているほか、SamsungもGalaxy SmartTagを発表済み。Googleとしては、これらに対抗する手段として、Tileを選択したのかもしれません。

なお、GoogleのFitbit DevicesプロダクトマネジメントディレクターLarry Yang氏は、今後、Tileの追跡機能を他のFitbitデバイスに導入することも検討しているとしています。

Source: PR Times, Fitbit

※修正:初掲時、「Inspire 2がサイレントモードであってもTileアプリから音を鳴らせる」と記載しましたが、正しくは、「スマートフォンがサイレントモードであってもIsnpire 2から音を鳴らせる」でした。お詫びして訂正いたします。