宙に浮かぶUFO型フライングスピナー「Flynova」発売。価格は2400円

うまく扱うのには慣れが必要のようで

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年06月12日, 午前 11:30 in Flynova
0シェア
FacebookTwitter
Flynova

2020年6月9日、輸入雑貨を扱う株式会社A Holdingsは、空中に浮くUFO型フライングスピナー「Flynova」を発売しました。

「Flynova」は、搭載したモーターで専用のファンを回転させることで上部から空気を取り込み、下部から放出することでホバー状態を維持する仕組み。上方に30度傾けて投げると、ブーメランのように手元に返り、水平方向に投げるとそのまま直進するなど、投げる角度によって異なる動きを見せるのが特徴です。

Flynova

投げ方を工夫することで、さまざまな「トリック」が可能なので、自分だけの特別なトリックを編み出して遊んだり、キャッチボールのように投げあったりして遊べます。LEDライト搭載で美しく光るので、指先で固定してハンドスピナーのように回転させて楽しむこともできあます。

本体は耐衝突性に優れた素材を採用。また、内蔵バッテリーは100mAhで、最大稼働時間は10分間(フル充電までに必要な時間は20分)。あまり長く遊べないのはネックかもしれません。

価格は2400円で、Amazonなどで購入可能です。レビューを見ると「慣れるまでに時間がかかる」「キャッチするのは難しい」など、宙に浮くという特性上、思い通りに操作できるのには時間が必要のようです。

Source:PR TIMES

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Flynova, gadgets, toy, technology, news, gear
0シェア
FacebookTwitter