チームラボ新常設施設「teamLab Forest」7月21日オープン、福岡PayPayドーム隣接ビルに

スマホで動物を捕まえるアトラクション

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年06月12日, 午後 06:30 in Art
0シェア
FacebookTwitter
Engadget Japan

7月21日に、福岡ソフトバンクホークスが福岡PayPayドーム隣に開業する新施設「BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)」内に、チームラボの新たな常設ミュージアム「teamLab Forest」がオープンします。開館時間や料金などは後日発表予定です。

「捕まえて集める森」と「運動の森」からなるミュージアムとなっています。前者は、「捕まえ、観察し、解き放つ」をコンセプトに、スマートフォンを片手に館内を探索して様々な動物を捕まえ、観察するなどして自分のコレクション図鑑をつくっていきます。

後者は、「身体で世界を捉え、立体的に考える」をコンセプトに、空間認識能力を鍛えることができるそうです。複雑で立体的な空間で、身体ごとインタラクティブな世界に没入できるとしています。

関連リンク:teamLab Forest

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Art, fukuoka, smartphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents