iOS 15から利用できるようになった「集中モード」。仕事など集中したい場面に合わせて、通知やアプリを制限できる機能です。用意された「おやすみモード」や「パーソナル」などのほかに、自分で名前をつけてカスタマイズするオリジナルの集中モードも作成できます。例えば、「勉強」という集中モードを作って、勉強するときに必要な通知のみを許可することも可能です。今回は、集中モードをカスタムする方法をご紹介します。

集中モードをカスタムする

まずは「設定」アプリから「集中モード」をタップしましょう。集中モードの種類が表示されたら、画面右上の「+」を押します。

▲「設定」アプリを開いて、「集中モード」をタップ(左)。画面右上の「+」を押す(右)

集中したい場面を選択するときに、「カスタム」をタップ。次画面で、集中モードの名前を入力しましょう。アイコンや色もここで変えられます。設定し終えたら、「次へ」進みましょう。

▲「カスタム」をタップ(左)。名前を入力して、アイコンや色を設定する。選び終えたら、「次へ」を(右)

「通知を許可する連絡先」画面で、「+」を押します。連絡先の一覧が表示されるので、通知が必要な連絡先を選択して「完了」をタップしましょう。

▲「+」をタップ(左)。通知を許可する連絡先を選択して「完了」を押す(右)

先ほど選択した連絡先を確認して、「許可」をタップ。次に、「通知を許可するApp」画面が表示されるので、「+」を押します。続けて、通知を受信したいアプリを選択して「完了」しましょう。

▲「許可」をタップ(左)。「通知を許可するApp」画面で「+」を押し、通知を受信するアプリを選択して「完了」します(右)

先ほどと同じように、選択したアプリを確認して「許可」をタップします。次画面で「完了」を押すと、自分だけの集中モードの作成が完了です。

▲「許可」をタップ(左)。「完了」を押す(右)

作成した集中モードは、あとからでも内容を変更できます。集中モードの一覧から選択して、自由にカスタマイズしましょう。

Gallery: 「集中モード」はカスタムOK 場面ごとに通知やアプリを制限しよう:iPhone Tips | of 6 Photos

  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>