Foldable
ConceptsiPhone

アップル社内で折りたたみiPhoneが試作中であり、iPhone 13(仮)に画面内Touch ID追加をテスト中との噂が報じられています。

米Bloomberg報道によると、アップルは折りたたみ画面を持つiPhoneの初期作業を始めたとのことです。サムスンのGalaxy Z FoldやGalaxy Z Flipに競合することが狙いとされつつも、まだ日の目を見るかどうかは不明とも伝えられています。

アップルは折りたたみデバイスのテストに取り組んではいるものの、ディスプレイ機構の域を超えてはおらず、まだ完全なプロトタイプは完成していない模様です。

そして社内では画面サイズをどうするか議論されており、展開時にはiPhone 12 Pro Maxと同じ6.7インチになるものも含め、6~8インチの範囲で検討されていると述べられています。それら試作機の後ろには「ほとんど見えないヒンジ」があるとされ、折りたたみ機構がデザインを損なわないように配慮されていると推測されます。

アップルが折りたたみiPhoneの耐久性に力を注いでいることは、台湾のサプライチェーン筋からも伝えられていました。そちらでは試作機は2種類あり、1つはGalaxy Z Flipのように上下に折りたためるクラムシェル型で、もう1つは「折りたたみモデルとは思えないデュアルスクリーン」すなわち2つのパネルをヒンジで繋ぎ合わせたSurface Duoのような製品像が示唆されていました。

さらにBloombergは、2021年のフラッグシップiPhone 13(仮)シリーズに画面内Touch IDをテスト中とも報じています。これまでのFace IDと入れ替えるのではなく追加であり、もし実現すればパスコードと合わせて3つの認証方法が実装されることになります。

この記事のなかでは先日クアルコムが発表した第2世代となる超音波式の画面内指紋センサーにも言及しており、採用の可能性をにおわせています。かつてiPhone 12シリーズもクアルコムの画面内指紋センサー(第1世代)搭載が噂され、結局は実現しなかった経緯があります。

ほかBloombergはアップルが将来のiPhoneで外部充電ポート廃止を検討していることや、ミニLEDディスプレイとより高速なプロセッサを搭載した新型iPad Pro2019年モデルのiPad Airと同じデザインとなった薄くて軽いiPad(無印)といった噂も再確認しています。

そして失せ物追跡タグAirTags(仮)も今年中に発売予定で、革製のキーホルダーなど複数のアクセサリーも計画していると伝えられています。数々の新製品が目白押しになりそうですが、この中ではマスクを付けていてもロック解除しやすくなるTouch ID付きiPhone 13が(実現すれば)最も話題を呼ぶのかもしれません。