米グーグルがついに配布を開始したAndroid 12のベータ版。そのファイルから、折りたたみPixelスマートフォン「Passport」(仮称)など、複数の未発表Pixelの情報が確認され、話題となっています。


これらの詳細を報告しているのは、GoogleとAndroid搭載機の動向を得意とする海外ニュースサイトの9to5Google。今回発見されたのは、以下に紹介するスマートフォン4機種の開発コードやモデルナンバー。これら4モデルは、どれも年内の発表が期待されています。

・Barbet(Pixel 5a 5G) – G4S1M

・Oriole(Pixel 6 family)– GR1YH

・Raven(Pixel 6 family)– GF5KQ

・Passport(Pixel foldable) – GPQ72

このうち折りたたみPixelのPassportに関しては、韓国電子新聞のThe Elecが「サムスンが約7.6インチのフレキシブルディスプレイを供給し、2021年に投入される」と報告しています。

そしてもう一つ注目できる点は、Pixel 6がファミリーとして2機種存在していること。こちらは著名リークアカウントのJon Prosser氏が「Pixel 6と大画面カメラ強化版のPixel 6 Proが存在する」と報告しており、それを裏付ける形となっています。


また、Pixel 6にはグーグルの独自プロセッサ「Whitechapel/GS101(仮)」が搭載されるとの情報も伝えられています。このような先進的な内部部品が折りたたみPixelにも搭載されるのかどうかにも注目したいところです。

Source: 9to5Google