Foldable
ConceptsiPhone

アップルが折りたたみiPhoneのサンプルを台湾Foxconnにテストさせており、早ければ2022年9月に発売する可能性があるとのサプライチェーン情報が伝えられています。

台湾の業界メディア経済日報によると、アップルは主要組み立てパートナーのFoxconn等に折りたたみiPhoneの画面と(折りたたみ用の軸受けである)ベアリングをテストするよう依頼したとのことです。ベアリングの供給元は台湾企業の新日興ほか複数あるものの、最終的な組み立てはFoxconnが担当する予定であると報じられています。

そして折りたたみiPhoneテスト機の画面は、有機ELまたはマイクロLED(超微細なLEDを画面に敷き詰める方式)を使用しているとのことです。サムスンがアップルに折りたたみディスプレイのサンプルを提供しているとの噂は1年以上前から囁かれており、つい最近も「大量の」サンプル提供が要請されたとの報道もありました

一般的に折りたたみデバイスにおいて懸念されるのが、開け閉めを繰り返す中での耐久性です。通常のノートPCならば2万回~3万回の開閉テストで済まされるところを、折りたたみiPhoneでは10万回以上も検証されるとあり、より厳しい仕様が求められているもようです。

ここ数か月にわたり、折りたたみiPhoneの噂はにわかに活発化しています。有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)Jon Prosser氏も「iPhone 11のように丸みを帯びたステンレススチール製エッジ、2つの独立した画面がヒンジで繋がれているが継ぎ目が見えない」と具体的なイメージを語っていました。またイスラエルのサイトThe Verifierも、価格は約16万円で2022年11月までに発売されるとの予想を伝えています。

折りたたみiPhoneはいずれ実現するとしても遠い未来の感がありましたが、急速に現実味を帯び始めてきました。あとは高価になりやすい折りたたみデバイス、しかもアップルブランドの付加価値が乗ったものが、おいくらになるのかは気になるところです(下記動画は数々のコンセプトデザインで知られるConceptsiPhoneによる折りたたみiPhoneイメージ動画。本物ではありません)。

Source:経済日報

Via:AppleInsider