GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

 

・チェーンレスにより、チェーンのハズレや錆等のトラブルが起こりにくい

・走りながら自動的にバッテリーを充電。より長距離の走行が可能に(150km前後)

・安全性の高い電子制御アンチロックブレーキシステム(E-ABS)搭載で、素早く止まることができる

・折りたたみ式で、車内に入れて持ち運び可能

・バッテリーを車体フレームに内蔵し、スマートかつ安全に

・エアサスペンション付きで乗り心地抜群

・原付免許不要!アシスト速度24km/h制御で日本の公道を自転車として走行可能

・前後にライト付きで安全走行

自転車のよくあるトラブルとして、走行中にチェーンが外れてしまった、または衣服がチェーンに挟まって破れてしまったり汚れてしまったりしたことはありませんか?

自転車といえばチェーンを使用しているものがほとんど。

しかしチェーンは、サビ、異音、伸び、外れなど、様々な問題が生じます。

チェーンを直すのにはかなりの手間がかかり、出先でトラブルが発生すると面倒なことに。

そんな問題を解消するために、G-force G14はチェーンを使用せず、車でよく使用されているシャフトドライブを使用しています。

シャフトドライブは、漕いだ力をシャフトでリアタイヤへ伝えるようになっています。

チェーンレス伝動機構を使用していることが、この電動アシスト自転車の最大の特徴です。

G-forceのエンジニア達が約30個のパーツを使用し、ペダルを踏む力を1本の軸で後輪に伝える、まったく新しい伝動機構を開発しました。

チェーンレス伝動機構は、一般的なチェーン伝動機構より以下のようなメリットがあります。

1.動力伝達効率が高い

2.大幅に耐久性が向上

3.静音効果

この電動アシスト自転車は、G-force社で自ら開発したG-driveエネルギー回収システムを搭載しています。

例えば下り坂を走る際に、運動エネルギーを自動的に回収し、電気エネルギーに変換します。

そして電機エネルギーをバッテリーに充電することができます。

また普通に走る際も、ペダルを踏む力の一部をエネルギーとして回収できます。

もちろん、踏む時に重さは感じません。

さらにブレーキをかける時もエネルギーを回収できます。

(似たようなシステムは車でも採用されており、ブレーキを踏む際にエネルギー回収システムが作動し、電気エネルギーに変換して保存しています。)

このエネルギー回収システムにより、電動アシスト自転車の走行距離が大幅に伸びました。

理論上、満充電で150km前後を走ることができます。(負荷(乗る人の体重)や路面状況、スピードによって変動します)

さらに電量がどのぐらい残っているのかを、ハンドルバーに設置したスマートメーターで一目で確認できます。

また時速・走行距離、ライトのON/OFFも表示されます。

電動アシスト自転車の心臓とも呼ばれるバッテリーは、ほとんどが自転車の座席の後ろに設置されています。

G-forceは一見バッテリーが無いように見えますが、メインフレーム内部に収めることで非常にスッキリしたデザインにまとまっています。

そして安全性も高く、防水効果もあります。

*本電動アシスト自転車に搭載されているバッテリーは「LG製」です。
家庭用の110vコンセントから充電できます。

バッテリーを充電する時は外に出して充電も可能。自転車に入れたままでも充電できます。

セキュリティを考慮し、専用キーで取り出す仕組みになっています。

 

エアサスペンション(衝撃緩衝器)を前部に搭載し、ガタガタの道や砂利道でも、タイヤと地面が接触した時の振動を吸収し、長時間乗っても疲れを感じにくいです。

電子制御アンチロックブレーキシステム(E-ABS)搭載を前後搭載しています。

このシステムにより前輪のロックを防止し、後輪の浮き上がりを抑えることが可能。

さらに制動距離が短くなり、衝突や転倒事故のリスクも減少。

雨の日でも安定した強い制動力を発揮します。

事故研究者によると、電動アシスト自転車の事故の約4分の1はABSを使用することで回避でき、さらに重傷を伴う事故件数の減少にもつながります。

 

アルミ合金フレーム採用で本体を軽量化。さらに振動や衝撃に強く、耐久性が向上しました。

自転車本体は防水設計で雨天でも走行できます。

ただし、極度に激しい雨などで内部の電気回路が濡れる可能性や、冠水した道路で使用する場合は故障する恐れがあります。

自転車本体を長持ちさせるためにも、乗らない時には直射日光や雨水のあたらないところに保管してください。
※感電の恐れがございますので、充電は必ず水の当たらないところで行ってください。

折りたたみ式なので車のトランクにも入れることができます。
行動範囲がグンと広がります。

折り畳みも簡単で持ち運び楽々。

自転車のハンドルや座席の高さは調整可能なため、女性でも楽に取り扱えます。

片手でスマホを持ち、地図を見ながら走ることは非常に危険です。

G-forceは、ハンドルバーに付属したスマホ固定スタンドを使い、携帯に表示した地図を安全に確認しながら走れます。

さらに自転車のバッテリーでスマホも充電が可能です。

前後にライトがついているので、暗い夜道も安全に走行できます。

(後ろには赤いライトがついています。)

セット内容

充電器×1
組み立て道具×1
リフレクター×2
空気入れ×1
日本語取扱説明書×1

品名:折畳み式電動アシスト自転車 G-force G14 (日本仕様)
原産国:Made in China
カラー:グレー、ホワイト
重さ:車体25kg,バッテリー5kg
材質:アルミ合金フレーム
電源:LGリチウムイオンバッテリー×1(48V)
充電電圧:110V
充電時間:2~6時間
走行距離の目安:アシスト走行約150km前後
※基準測定方式での目安であり、走行状況や環境によって大きく異なります。
補助速度範囲:24km/h未満
モータ:48V/400W後輪駆動ブラシレスモーター
体重制限:110kg
適応身長:145~190cm
ブレーキ:前後ディスク、E-ABSブレーキ標準装備
※商品は万全を期しておりますが 配送の関係上、小さなキズ、へこみがつく場合があります。
ご使用上問題ない軽微なものは返品をお受けできませんのでご理解の上ご購入ください。

 

予定販売価格195,000円

2020年 11月 リリース

2021年 1月15 日 終了

2021年 1月下旬   製品の生産開始(日本仕様)

2021年 2月下旬   製品の製造完了&検品

2021年 3月上旬   日本へ運送

2021年 3月下旬 日本へ到着&通関

2021年 4月上旬 支援者に発送

※スケジュールに変更がある場合には、活動レポート、及び各種SNSにおいて速やかに皆様にご報告いたします。

Mon Favori 
フランス語で 私のお気に入り という意味です。
私たちはデザイン性、品質、機能性に優れ日本でまだ珍しい海外製品を皆さまにお届けし、文化、国境を越え、多くの人々の暮らしを豊かにするお手伝いをさせて頂きたいと思っています。

世界には、日本未発売の素敵な商品がたくさんあります。それらの商品に光を当て、ライフスタイルを豊かにする事を目指しています。

チェーンレス電動アシスト自転車 G-force  G14 に関しての初期不良の交換や商品保証、ご購入後のアフターサービスも行いますので、安心してご利用ください。

また何か意見やアドバイスが有りましたら、是非以下のメールアドレスまでご連絡ください。

contact@mon-favoricorp.com

今後も楽しい商品を日本に紹介していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

2012年に設立されたG-forceは、アメリカ・カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、スタンフォード大学をはじめ、アップル、テスラ、フェイスブックなど世界的に有名なテクノロジー企業が多く集まる場所です。

G-forceは電気自動車、電気モーター、リチウム電池、エネルギー貯蔵・制御装置のソリューションを製造・開発する、アメリカの電気自動車・エネルギー企業です。

アメリカやイギリス、ドイツなどのEU諸国では、G-forceの電動アシスト自転車やスクーターは「カッコイイ」「スマート」「軽量」「信頼性が高い」という理由で誰からも愛されているので、そのシェアは常に第一線で活躍しています。

G-forceの製造工場は中国の深圳にあり、技術者やR&Dスタッフが定期的に工場を訪問し、製品の品質を確認しています。

この度、MON FAVORIのクラウドファンディングプロジェクトを通じて、G-forceの電気自動車を日本でも普及させ、より多くの方にG-forceの電動アシスト自転車を使っていただきたいと考えています。

Q:公道は走れますか?

A はい、もちろんできます。

Q:どこでも配送してくれますか?

A:はい。沖縄と離島以外でしたら配送可能です。

Q:防犯登録は出来ますか?

A:はい。出来ます。最寄りの販売店(自転車屋さん)等で行って下さい。お店にもよりますが、通常購入履歴の確認できるものや納品書などがあれば登録ができると存じます。

(弊社で防犯登録の代行は受けかねますのでご了承下さい。)

Q:スピードが出過ぎる事はありませんか?

A:G14は日本仕様にしてある為、アシストは時速24㎞までに制御されています。

Q:原動付自転車としての登録が必要ですか?

A:いいえ。日本の公道を自転車として乗れるよう「日本仕様」になっています。原動付自転車としての登録は必要ありません。

Q:折り畳みは一人で出来ますか?

A:基本的には大人1人で行えます。

ただし本体重量約25kgという事を踏まえた上で組立の際は十分にご注意頂き、ゆっくりと行って下さい。

特に指を挟んだりしないよう充分にご注意く下さい。

Q:女性でも乗れますか?

A:適正身長145㎝以上とさせて頂いています。

ただし、145㎝以下の女性、190㎝以上の男性でも乗れる事自体は確認しております。適正身長は勿論目安になるのですが、実際に乗った時の体制や、ご自身の感覚で変わってくるようです。

画像の車体の大きさは、仕様の項目を参考にして下さい。

Q:以前海外で購入した電動自転車はバッテリーが切れると重くてこげませんでした。この自転車も同じですか?

A:いいえ、G14は改良を重ね極力アシスト状態と通常状態との差を無くしました。

途中でバッテリーがなくなった場合乗る環境によっては重く感じる事がある可能性はありますが、そのまま通常の自転車として使用出来るようになっています。
(バッテリーが入っている分重く感じる場合もあります)

Q:バッテリーの充電はどの位の時間がかかってどの位もちますか?

A:充電時間は約5時間~8時間です。

使用状況にもよりますがバッテリーはフル充電で理論上約150㎞です。(負荷がない場合で150km。使用方法で距離は変わります)

Q:電池の寿命はどのくらいですか?

A:空の状態からフル充電までを300~500回ほどお使いになった場合、全体の容量が初期の約80%程度になる傾向があります。

Q:電池が消耗してくると、どのようになりますか?

A:走行力、走行距離、充電時間に影響を受けます。
性能や走行距離が落ちたなと感じたら、バッテリーの交換時期とお考え下さい。

なお、電池は自然放電するため、使用しない時は月に1回の満充電を行うことをおすすめします。

利用しないときはバッテリーを抜いておくと自然放電を防げます。

Q:雨の日に乗っても大丈夫ですか?

A:通常の雨や悪天候であれば問題ありません。

ただし、極度に激しい雨などで内部の電気回路が濡れる可能性がある場合や、冠水した道路で使用する場合は故障する可能性があります。

自転車本体を長持ちさせるためにも乗らない場合は直射日光や雨水のあたらないところに保管することをおすすめします。
※感電の恐れがございますので、充電は必ず水の当たらないところでお願いします。

Q:バッテリーは放電しますか?

A:乗る頻度がすくない場合などは、バッテリーを取り外し、屋内に保管頂くことで電池の放電を減少させることができます。
また、特に気温が低く乾燥している場合は放電が激しく、電池の減りが早い場合があります。

この場合も暖かな場所で電池を保管して頂くことで放電を減少させることができます。

Q.購入後の保証サービスはありますか?
A.はい。ご購入後1年間は保証期間として修理交換対応致します。(修理交換条件:商品到着後14日以内で、初期不良により正常に動作しない場合)また各パーツごとは決められた保証期間で対応させていただきます。
保証期間1年:バッテリー、充電器
モーター、フレームの保証については、運送料をお客様負担で一年間の修理保証とさせていただきます。(運賃は時期によって変わります)
※タイヤ、チューブ、ブレーキ、ゴムなど消耗品は保証対象外とさせていただきます。
 保証以外の故障の場合は大変お手数ですが、ご自身で自転車屋さん等にご相談下さい。

Q:壊れた場合は直せますか?

A:保証以外の故障の場合は大変お手数ですが、ご自身で自転車屋さん等にご相談下さい。

尚、少しでも状態良く保てるように定期的にメンテナンスする事をお勧めします。

Q.パンクした場合はどうしたらいいですか?

A.万が一のパンクの際も、お近くの自転車屋さん等で修理することができます。

※ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。

※一部デザインが変更になる場合がございます。

※一般発売後の市場価格は弊社ではコントロールが難しいため、下がる可能性もございます。

※お届けができず弊社に戻ってきてしまった場合は、再配送費用をご負担いただく可能性がありますことをご了承ください。

※商品は万全を期しておりますが 配送の関係上、小さなキズ、へこみがつく場合があります。
ご使用上問題ない軽微なものは返品をお受けできませんのでご理解の上ご購入ください。

※お子様のご使用はお控え下さい。