Redwood Materials
Redwood Materials

フォードが、バッテリーリサイクル企業のRedwood Materialsへ5000万ドルを投資すると発表しました。Redwood Materialsはテスラの共同創業者JB・ストラウベル氏が設立した会社で、ロードバイクメーカーのSpecializedの電動アシスト自転車のバッテリーのリサイクルなどを手掛けています。

Redwoodはフォードからの投資を得てリサイクルのための設備を拡張することを計画しています。そして自社の技術によってニッケル、コバルト、リチウム、銅などといった材料をおおよそ95%回収でき、それらを新しいバッテリーの電極に再利用するとしています。またRedwoodとフォードは、バッテリーのサプライチェーンをより当たり前なものにすることで電気自動車をさらに持続可能で手軽なものにできると述べています。

また、バイデン政権はEVバッテリーでの中国依存を減らすために、米国内のバッテリー生産数の増強を行いたいとい考えています。そして、バッテリーのリサイクルを国内で回すことができれば、フォードは輸入品や原材料の外国での採掘への依存度を下げられるメリットを得られます。

フォードは、2025年までに自動車の電動化を推し進める計画であり、そのために300億ドルを投じるとしています。もちろん今回のバッテリーリサイクル企業への投資もその一環です。さらにフォードは最近、人気ピックアップトラックのEVバージョン、F-150 Lightningの生産力増強のために2.5億ドルを投じると発表していました。

ひとつ疑問に思えるのは、リサイクル体制を整えたところでフォードとRedwoodのもとにどれほどのEVのバッテリーが回収されてくるのかというところ。今後フォードもバッテリーで走る自動車の生産を増加させていくはずですが、通常、自動車はそのライフサイクルを終えるまでに2人から数人の手に渡ってゆきます。そして廃車になることが決まれば、そのままスクラップヤードに直行してしまう可能性も否定できません。リサイクルを回すには、フォードがバッテリーを追跡できる仕組みが必要になるかもしれません。

とはいえ、たとえば欧州では自動車メーカーがバッテリーのリサイクルを保証する法的義務を負っており、すでにリサイクルが定着しているとのこと。そのためフォードが参考にすることができる前例はすでにあると言えそうです。

source:Ford