Suica対応スマートウォッチ 「ForeAthlete 745」10月1日発売、ガーミンから

新機能「リカバリーアドバイザー」も地味に便利そう

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年09月17日, 午後 04:30 in Smartwatch
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Engadget Japan

ガーミンジャパンはGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 745」を10月1日に発売します。価格は税別4万4800円で、9月24日から予約を受け付けます。

「ForeAthlete 745」はガーミンのハイエンドGPSランニングウォッチで、ランナーやトライアスリートに向けた製品です。特徴はなんといっても、Suica決済機能を搭載したこと。Garmin Pay経由での利用が可能で、電車移動やコンビニなどでのショッピングに利用できます。

ガーミンのスマートウォッチ「fēnix 6」シリーズでは同じくGarmin Pay経由のSuica利用に対応していますが、ForeAthleteシリーズにおいては本機が初のSuica対応となります。

Engadget
Engadget Japan

Suica対応以外にも「ForeAthlete 745」では新たに下記の機能が搭載されます。

■おすすめワークアウトの提案

現在のトレーニング負荷とトレーニングステータスに基づいて、フィットネスレベルを考慮したランとバイクのワークアウトメニューを提案。

■マルチスポーツ対応

ランニングやスイミング、トライアスロンなど複数種目の競技に対応。トラックでのトレーニング計測に対応するトラックランを新たに搭載。

■リカバリーアドバイザー

ワークアウトを行った後、次のトレーニング/ワークアウトまでの休息時間を教えてくれます。

また、既存モデルでも搭載していた光学式心拍計、VO2max(最大酸素摂取量)計測、トレーニング効果測定、衛星受信、生理周期トラッキング、音楽機能なども搭載します。

「ForeAthlete 745」スペック

カラー:Black(ブラック)、Neo Tropic(ネオ トロピック)、Magma Red(マグマ レッド)、Whitestone(ホワイトストーン)

重量:47g

サイズ:幅43.8×高さ43.8×奥行き13.3mm

ディスプレイサイズ:30.4×30.4mm

解像度:240×240ピクセル

稼働時間:約7日間(スマートウォッチモード)、約16時間(GPSモード)、約6時間(GPS+音楽再生モード)、約21時間(UltraTrackモード)

防水機能:5ATM(50m防水)

接続:Bluetooth、ANT+、USB

内蔵メモリ:32MB

衛星測位:GPS/GLONASS/Galileo/みちびき(補完信号)

センサー:光学式心拍センサー、電子コンパス、気圧・高度計、加速度計、温度計

関連リンク:ガーミンジャパン

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Smartwatch, GPS, Health, Garmin, smart watches, Garmin Pay, wearables, wearable, healthcare, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents