Grell Audio
Grell Audio

ドイツの音響機器メーカーSennheiserで HD580 や HD800といった名機を設計してきた技術者アクセル・グレル氏が設立したGrell Audioが、完全ワイヤレスイヤホン「grell TWS/1 earbuds」を発表しました。希望小売価格は199.99ドル(約2万2000円)で来月の発売を予定しています。

Grellは透明感の高いクリアな音を求め、音楽をより身近に感じたいと願う人々に、オーディオファイル級の音質を提供すると述べています。またハイエンドのリスニング体験を提供するために直接販売モデルを採用し、ユーザー個人個人に個別にデザインしたコンポーネントを搭載するとしています。

主な仕様としては周波数帯域 20Hz~20kHzのカスタム10mm径ドライバーを搭載、アクティブノイズキャンセル(ANC)機能を搭載し、独自のノイズリダクション機能であるNAR(Noise Annoyance Reduction)も搭載しています。Bluetooth 5.2に対応。

またBluetoothの音声コーデックもSBCやAACといった主要なものに加えて、aptX、aptX HD、aptX adaptive、さらには台湾のSavitechが開発したLHDCまでサポートしています。いずれのコーデックも、プレーヤー側とともに対応している必要があります。

付属の充電ケースを使えば、コンセント電源が無いところでも、またANCを使用した状態で最大28時間の音楽再生が可能です。防滴仕様はIPX4。

Grell Audio
Grell Audio

Grellのイヤホンはオンラインでの販売に特化されており、10月6日よりGrell Audioのウェブサイトで先行販売を開始。また11月以降は、レアな製品を低価格で販売するDrop.comでも販売するとのことです。

Source:Grell Audio