PC版フォートナイトが「リアルタイムレイトレーシング」に対応

リアルな光と影を実現

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年09月2日, 午後 05:20 in fortnite
0シェア
FacebookTwitter
engadget
Engadget Japan

PC版フォートナイトがリアルタイムレートレーシングに対応します。NVIDIAの最新GPU「GeForce RTX 30シリーズ」発表の場で明かされました。

レイトレーシングは、コンピュータグラフィックスにおいて、光の屈折・散乱・反射といった、現実に近い光と影を表現する技術です。カメラに入る光がどの光源から出ているか、その経路を演算して映像に反映させることで、現実に近いグラフィックスを実現します。

フォートナイトでは下記4つのレイトレーシングに対応し、より没入感の高いゲーム体験を実現します。

  • レイトレーシング リフレクション - 窓ガラスのような滑らかな自然の鏡や、研磨された金属のような粗い表面など、光沢がある金属の表面で光が反射する様子を再現します。

  • レイトレース シャドウ - 多くの表面のシャドウを正確にモデル化し、サーフェスと接触面の詳細度を向上させ、従来のシャドウテクニックに関連する問題を修正します。

  • レイトレーシング グローバル イルミネーション - 精度を大幅に向上させた世界の照明を計算し、『フォートナイト』の環境、プレイヤー、キャラクターをこれまでにないディテール、忠実度、鮮明さで照らします。

  • レイトレース アンビエント オクルージョン – 物体またはサーフェスが交わる場所で光が遮られ、サーフェスのほんのわずかなディテールを強調できる微妙なシャドウが作成されます。

また、「GeForce RTX 30シリーズ」とともに発表された、システムのレイテンシを測定して削減する「NVIDIA Reflex」もサポート。システムレイテンシとは、プレイヤーのアクションがモニター上にピクセルとして表示されるまでの時間のことで、GPU依存のシナリオではこれを最大42%削減できるといいます。

加えて、ニューラルネットワークによる深層学習によって、映像のフレームレートや解像度などを向上させる「NVIDIA DLSS」をサポートすることも明かされました。

Source:NVIDIA(PRTIMES)

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: fortnite, nvidia, geforcertx30, rtx, gpu, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents