1984
Epic Games

アップルがEpic Gamesの人気ゲームアプリFortnite(フォートナイト)をApp Storeから削除したことで両社が全面対決に至った件につき、やはりアップルと手数料支払をめぐり長きにわたる因縁あるSpotifyがEpicを支持する声明を発表しました。

SpotifyはテックニュースサイトRecodeのピーター・カフカ氏を通じて、以下のような声明を出しています。

我々はEpic Gamesがアップルと対決する姿勢を示したこと、アップルが独占的地位を乱用していることにさらなる光を当てたことに拍手を送ります。アップルの不公正な行為は、あまりにも長い間、競合他社に不利益を与え、消費者を搾取してきました。消費者とアプリ開発者の大小を問わず、これ以上の大問題はなく、iOSプラットフォームの競争的かつ公正な運営を実現することは、広範囲におよぶ意義を持つ緊急の課題です。

Epicはフォートナイトのゲーム内通貨V-Bucksをアプリ内購入の仕組みで販売する際に発生する30%もの手数料を不服として、自社から直接買う方式を選んだ場合には20%安くなるアップデートを実施。これをアップルはApp Storeガイドライン違反として削除したしだいです。

こうした顛末は、Spotifyがアプリ内での課金システムを変更しようとしたアップデートをApp Storeに拒否されたこと、そもそもApp Storeで30%もの手数料を取得している行為が公平な競争を阻害しているとして欧州委員会に訴えた構図とそっくり同じです。同社はその後も数回にわたってアップルを競争法違反として告発していることを振り返れば、Epicにエールを送っているのは極めて当然と言えます。

またアップルがApp Storeを持つ支配力を利用して自社サービスと競合するアプリを締め出そうとしているとの訴えは、マイクロソフトのxCloudFacebook Gamingといったゲーム方面でも声が上がっていました(この場合のアップル自社サービスはApple Arcade)。

米Reutersによれば、こうしたMSやFacebookに関する問題について質問された欧州委員会のスポークスマンは「委員会はアップルのApp Storeに関するこれらの懸念を認識している」との声明を発表したとのことです。

具体的に何か方針なり施策に言及されたわけではありませんが、今年6月に同委員会は楽天Kobo等の苦情申立を受けてアップルを正式調査を開始すると表明したばかりです。単なる企業間のいさかいに留まらず、いずれアップルも厳しい対応を迫られるのかもしれません。

Source:Peter Kafka(Twitter),Reuters

Via:MacRumors