freemarket

荷物発送を行う度にコンビニや郵便局へ出向く必要はありません──。

ヤフー、宅配ボックスを手掛けるフルタイムシステム、ヤマト運輸の3社は、マンションの「フルタイムロッカー(宅配ロッカー)」から「ヤフオク!」「PayPayフリマ」の商品を24時間365日好きな時間に発送できる新サービスを2022年1月に始めると発表しました。

3社は、新サービス対応のフルタイムロッカーの設置を順次進め、2023年3月までに全国3000棟のマンションでの導入を目指すとしています。なお、フルタイムシステムのカスタマーサイトにて、新サービス対応のフルタイムロッカーを確認できるようにします。

フルタイムロッカーが設置されたマンションに居住するユーザーは、「ヤフオク!」「PayPayフリマ」の商品の発送方法で「宅配ロッカー」を選ぶと、フルタイムロッカーに商品を入れるだけで、ヤマト運輸が商品を集荷し非対面で発送手配が完了します。

なお、サービス料はかからず、発送料が売上金より引かれます。

コロナ禍での新しい生活様式が徐々に浸透し、実店舗へ出向かず“非対面”で商品を受け取る取り組みが増えるなか、3社は商品発送の利便性を高めることで、ユーザーへさらなる付加価値を提供したい考えです。

モバイルデバイスの進化で、商品・サービスの売り手と買い手が、お互い時間を合わせて対面せずに取引を済ませるセルフサービス型取引、これからさらに進化するでしょう。

* 2021/08/26 内容を追加しました


ヤマト運輸