image

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは 「glo Hyper+(グロー・ハイパー・プラス)」を1月12日にgloオンラインストアと全国のgloストアで発売しました。本体価格は税込み980円。

旧モデル比で見た目もちょっと変わってますが今回の変更点で気になるところといえばやはり、新たなIHの誘導加熱技術を採用し、従来の「glo hyper」よりもブーストモードの最高加熱温度が10℃上がっている点。じっくり試していきましょう。

image
▲写真左が従来のglo Hyper、右が新発売のglo Hyper+

まずは新旧の見た目比較。パッと見てのサイズ感はほとんど変わりませんが

glo Hyper  高さ82mm 横幅43mm 奥行き21mm
glo Hyper+ 高さ83mm 横幅46mm 奥行き22mm

と、glo Hyper+のほうが数ミリ大きいです。触ってみるとけっこう顕著に違いを感じます。人間の手ってすごい。筆者はこのプラスのほうがグリップ感があって好きですね。持ちやすいです。

重量はglo Hyperが106gなのに対してglo Hyper+は111g。実際に持ってみても違いは感じづらいですね。人間の手って意外と鈍い....?

その他の加熱時間・使用時間・充電時間・連続使用回数などは従来のglo Hyperと変わりません。見た目と加熱時間が主なアップデートのようですね。

image
▲充電は従来と同様USB Type-Cで行います。充電口の位置にも変化なし。

見た目が結構変わりましたね。glo Hyper+の本体サイドはメタリックな仕様に。起動ボタンの点灯も点線ではなく滑らかな線を描いた点灯に。全体的にスタイリッシュで高級感のあるデザインになりました。所有した満足度、ホクホク感はプラスのほうが上ですね。

image
▲『glo』の文字デザインもこちらに以降。ほんのちょっとの違いですが随分スッキリしたデザインに見えますよね。

そして今回のアップデートは加熱温度の他に、自分の好きなカラーの組み合わせが選択できると言うこと。これがなかなか素晴らしいです。

image
▲カラーチャート(紙)も付属していたのでパシャリ。

こちらが今回発表されたカラーバリエーション。6色のパネルカラー×4色の本体の計24色から選択可能。試用していくのは黒×グレーっぽいメタリックですが、個人的には青が好きですね。従来のgloよりもビビットなカラーリングになりつつも上品な色使いが購入意欲をそそります。本体白×メタリック青も捨てがたいところ.....。自分の好みにあったカラーリングをここまで選択できる電子タバコっていいですよね。

さて、お次はいよいよ喫味を堪能しましょうか。注目すべきはもちろんブースト時の加熱温度の変更ですね。具体的なアップデート内容としては

glo Hyper  260℃
glo Hyper+ 270℃

となっています。もともとglo Hyperのブーストでも濃厚な喫味と、メンソールであれば喉がヒリつくような鋭さがありましたが10℃上がるとどれくらい違うんでしょうね。

image

筆者も普段からメンソールを愛飲していますので、今回の検証もメンソールで行います。

どちらもメンソールで吸ってみましたが、かなりの違いがあると筆者は感じました。

glo Hyper+はゴロッとした重厚な喫味が押し寄せ、さらに強メンソールが口内にバチッと突き刺さります。手懐けることのできないようなパンチ力がありましたね。

しかしながらバランスは取れていて、喫味とメンソールどちらか一方が突出することのない、あくまで調和のとれた味わいがあります。普段紙巻きでキツめのメンソールを吸っている筆者も納得の味わいでした。加熱温度が10℃増しただけでこうも変わるのかと感動しています。

一方glo Hyperは線形の喫味というか、スムースな味わい。ゴロッとくる喫味やメンソールは抑えめなものの、喉にスッと届くような落ち着いた味わいに感じました。それほどまでに+には重厚感があるということですね。

image
▲従来のglo Hyperよりも本体が熱くならなくなった感じがします。

個人的な意見なのですが、これは優劣がつけがたいというか、好みがわかれそうな感じがしました。筆者は絶賛しておきながら、普段吸うならglo Hyper、パンチのある味わいが欲しいときにはプラスという併用をすると思います。

ちなみにレギュラーも吸いました。プラスのブーストでは重厚感が付与された結果、結構もったりした味に感じましたね。口いっぱいに広がるレギュラー感は紙巻き以上ですが、こちらも好みが分かれそうな味わいでした。

以上、なかなか好みがわかれそうな機種でした。しかしながら価格は980円とかなりのお手頃価格。これを機にgloを2台持ってみて、お気に入りのカラーリングとともに自分の好みを更に探るのもアリかもしれませんね。

 

関連リンク:glo Hyper+