富士フィルムWebカメラ化

富士フイルムは、同社の一眼デジタルカメラをWebカメラ化するアプリ「FUJIFILM X Webcam」のmacOS版を、7月中旬に提供予定と発表しました。

Windows版は今年5月から提供が開始されているこのアプリは、カメラとPCをUSB接続することで、ZoomやGoogle Meetsといったビデオチャットソフトのカメラとして利用できるツールです。

同様のツールはキヤノンからも配信されていますが、現時点では富士フイルムと同じくWindowsのみに対応しています(なお、キヤノンのツールも他OSへの対応を予定してます)。

合わせて富士フイルムは、一眼デジタルカメラの対応機種も増加。「X-A7」「X-T200」も、ファームウェアのアップデートにより対応き機種となったことが公開されました。

新型コロナウイルスの影響によりリモートワークやオンライン会議の機会が増えている昨今、高画質な一眼デジカメのWebカメラ化ソリューションはますます流行しそうな予兆です。

Source: 富士フイルム