韓国サムスンの次期ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Pro(仮称)」が199ドル(約2万1000円)で投入されるとの情報が、詳細スペックとともに海外にて伝えられています。

著名リークアカウントのWalkinCatが掲載した上のイラストでは、Galaxy Buds Proに大小2基のスピーカードライバーが搭載されていることがわかります。

その他の目立つ機能としては、レベル調整可能なアクティブノイズキャンセリング(ANC)やアンビエントサウンド、そして「空間オーディオ(Spatial Audio)」という記載も見受けられます。最後のものは米アップルのワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」にも搭載されている、サラウンド機能と同等のものだと予測されています。

さらにスペック比較表では、Galaxy Buds Proが199ドル(約2万1000円)にて販売されると記載されています。またBixbyに対応し、防水機能はIPX7に強化されるようです。イヤホン単体での再生時間は現行モデル「Galaxy Buds+」に劣りますが、ケース込みでの駆動時間は同等以上となっています。

Galaxy Buds Proは次期スマートフォン「Galaxy S21シリーズ」とともに、1月14日の発表が予測されています。またANCや空間オーディオに対応するなど、AirPods Proに十分対抗できるスペックを実現するようです。

Source: WalkingCat (Twitter)

Via: The Verge