Galaxy Buds Pro本体。ANC性能の高いモデルだけあり、密閉度の高いカナル型(耳栓型)です(撮影:山本竜也)

Androidスマートフォンで知られるGalaxyが、完全ワイヤレスイヤホンの上位モデル『Galaxy Buds Pro』の日本版を発表しました。発売は4月8日、Amazonでの価格は2万673円(税込)となっています。販路は全国の家電量販店と主要ECサイト、そして東京・原宿のGalaxy Harajuku。

同モデルは海外では1月に発表・発売されていましたが、今回はGalaxyファン待望の日本版という形です。

大きな特徴は、ライバル製品と比べても強力なアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を備える点と、『Dolby Head Tracking』技術による空間オーディオ(360度オーディオ)機能に対応する点。

ANCに関しては、第三者機関の検証により得られた「外部からの騒音を最大99%カット可能」とのデータを公開。これを元にGalaxy側は「究極のノイズキャンセリング」と謳います。


また空間オーディオ機能とは、スピーカーを設置したかのように「頭を動しても音の方向が固定されている」聞こえ方を実現するもの。合わせてサラウンドオーディオの場合は、音の方向感の精密度がより高くなるといったメリットも備えます。

この機能は対応機器(OneUI 3.1以上のシステムを搭載したGalaxyスマートフォンとタブレット)との組み合わせが必要となりますが、とくに映像作品視聴時の没入感を大きく高めるものです。

Galaxy Buds Pro日本版
▲最新世代モデルだけあり、充電ケースも非常にコンパクトな仕上がりです(撮影:山本竜也)

イヤホンとしての基本性能も、低音用+高音用の2ユニット搭載により、迫力ある低音域とクリアな高音域を両立するなど、高級モデルらしい再生品質を実現。

さらにワイヤレスイヤホンでの宿命とも呼べるオーディオの遅延に関しても、様々な技術的改良で低減しており、既存モデル『Galaxy Buds+』と比べて遅延時間は85%の低減となっています。


通話時の音声品質も、3基のマイクにより通話ノイズを低減。加えて耐水性も従来機以上に増しているなど、高級モデルらしく、既存モデルに比べて各所を全面的に強化。

強力なライバルが多い2万円以上クラスのワイヤレスイヤホンにあっても、魅力的なモデルとして仕上がっています。

その他の詳細に関しては、海外発表時の記事と製品レビューをご覧ください。

参考記事:

Galaxy Buds Pro 発表。デュアルドライバ搭載、空間オーディオや自動切替でAirPods Pro対抗 (2021年1月)

ANCが強力になったGalaxy Buds Proレビュー (2021年1月)

Source:Galaxy Buds Pro公式ページ