Galaxy無線イヤホンBuds/+がさらに便利に。アプリ更新でウィジェット操作に対応

「周囲の音」機能がパッと切り替えられ、地味に便利

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年06月5日, 午前 10:00 in wearables
0シェア
FacebookTwitter
Galaxy Buds

Samsungの完全ワイヤレスイヤホンである「Galaxy Buds」と「Galaxy Buds+」が、Androidでのウィジェットによる操作に対応しました。これはコンパニオンアプリである「Galaxy Wearable」のアップデートで対応したもの。

日本でも既に対応版の配信がなされているため、Galaxy BudsあるいはBuds+をペアリングして使用すれば、ホームアプリのウィジェットを設定などに同アプリのものが追加されているはずです。

利用できるウィジェットは、バッテリー情報表示と、「周囲の音」と「タッチパッドをロック」のON/OFFを行うクイックコントロールの2種類。どちらもダークモードにも対応するほか、手動で透過率などの設定を行えます。

Galaxy Buds

「周囲の音」のON/OFFについてはもともと、両モデルの側面にあるタッチパッド長押し操作で行えるのですが、そのタッチパッドの誤操作を防ぐ「タッチパッドをロック」はアプリを開いて設定する必要があるため、やや面倒でした。

現在はマスクの付け外しなどで耳の付近に手をやることも増えているので、誤動作防止の意味でもウィジェットから簡単にロック/アンロックできるのは助かります。

なお、Galaxy Buds+に関しては、現在ドコモとauでGalaxy S20+ 5Gの予約を行うとプレゼントされるキャンペーンも実施中です(下記リンクを参照ください)。こちらは購入後にGalaxy Memberアプリからの申し込みが必要になるので、忘れないようにしたいところです。

via: Phone Arena,
source: Reddit

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: wearables, galaxybudsplus, widgets, galaxybuds, Samsung, Android, news, gear
0シェア
FacebookTwitter