韓国サムスンが大画面スマートフォン「Galaxy Noteシリーズ」の生産を年内に終了(ディスコン)するとの報道が、同社お膝元の韓国にて報じられています。

大画面やスタイラス「Sペン」への対応が特徴の、Galaxy Noteシリーズ。しかし2020年の「Galaxy Note20シリーズ」を最後に新製品は投入されておらず、また大画面やSペン対応の特徴なども2021年に投入された「Galaxy S21 Ultra」で実現しています。

ET Newsによれば既存モデルからの撤退だけでなく、2022年の生産計画にもGalaxy Noteシリーズは存在していないとのこと。報道が正しければ、Galaxy NoteシリーズはGalaxy Note20を最後に終了することになります。

このような方針転換の最大の理由は、折りたたみスマートフォン市場の拡大があります。報道によればサムスンは来年に折りたたみスマートフォン「Galaxy Zシリーズ」を1300万台出荷する予定であり、またGalaxy Noteシリーズと同じくSペンを本体に内蔵できる「Galaxy S22 Ultra」も来年初頭に投入するとされています。

ながらくサムスンのプレミアムスマートフォンとして、先進的な機能を取り入れてきたGalaxy Noteシリーズ。しかしSシリーズやZシリーズの大幅な進化により、その役目を終えようとしているのかもしれません。

Source: ET News