Galaxy Note Goodbye

韓国サムスンが「Galaxy Noteシリーズ」を2021年の来年に廃止する可能性を、ロイターが報じています。

ロイターによると、Galaxy Noteシリーズの開発リソースは折りたたみスマートフォンの「Galaxy Z」シリーズに割り当てられ、Galaxy Zや「Galaxy S21(仮称)」の一部モデルがSペンに対応するとしています。

このようにGalaxy Noteシリーズが来年廃止される可能性は、Max Weinbach氏やIce universe氏といった著名リークアカウントが以前から報告していました。

また最上位モデルのGalaxy S21 UltraGalaxy Z Fold3(仮称)でのSペンのサポートも、繰り返し報じられています。このうちS21 Ultraではケースに、そしてZ Fold3では本体にSペンが収納されるようです。

韓国語テックサイトのTheElecによる最新報告によれば、今年は3機種〜5機種の折りたたみスマートフォンがサムスンから投入されることになります。サムスンとしては、Sシリーズと折りたたみスマートフォンのZシリーズで、高級スマホへの需要は十分カバーできるとよんでいるのかもしれません。

Source: Reuters 1, 2