Galaxy S22 Ultra

韓国サムスンの次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S22 Ultra(仮称)」の実機とされる画像が、海外テックサイトのFront Page Techによって掲載されています。

毎年年始に発表されてきたGalaxy Sシリーズですが、今年登場した「Galaxy S21 Ultra」ではとうとうスタイラス「Sペン」に対応。ただし「Galaxy Noteシリーズ」のように本体にSペンを内蔵することはできず、オプションの収納ケースでSペンを持ち運ぶという提案をおこなっていました。

今回掲載されたGalaxy S22 Ultraの実機画像では、本体下部にSペンを収納するためのスロットが存在し、またSペンも内蔵されていることがわかります。これにより、Sペンをより気軽に持ち運ぶことが可能になるはず。本体側面はGalaxy Noteシリーズを連想させる、円柱のようにより丸みをおびたデザインとなっています。

Galaxy S22 Ultra

本体背面には、1億800万画素メイン+1200万画素超広角+1000万画素光学3倍望遠+1000万画素光学10倍望遠のクアッド(4)カメラを搭載。Galaxy S21 Ultraを参考にすれば、右上に配置されているのはレーザーAFセンサーとなるはずです。

Galaxy S22 Ultraに関しては以前にも予測レンダリング画像が登場しており、そちらではクアッドカメラとレーザーAFセンサーが「P型」の突起で覆われていました。今回の実機画像ではそのような突起は見受けられませんが、個人的には突起がないほうがデザインがスッキリしていて好印象です。

Front Page Techによれば、Galaxy S22シリーズは2月8日から予約が開始され、同月18日に発売されるとのこと。Sペンの内蔵は着実な進化ではありますが、Galaxy S22 Ultraがサムスンのフラッグシップスマートフォンとして登場するなら、もう一捻りサプライズがあっていいような気もします。

Source: Front Page Tech