韓国サムスンの次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S22 Ultra(仮称)」の予測レンダリング画像が、著名リークアカウントのOnLeaksによって公開されています。

これまでは毎年1月〜2月に発表されてきた、サムスンのGalaxy Sシリーズ。今年発表された「Galaxy S21 Ultra」はシリーズで初めてスタイラス「Sペン」に対応したことでも、注目を集めました。

今回のGalaxy S22 Ultraの予測レンダリング画像で最も目につくのが、本体下部にSペンの収納スロットが存在していることです。Galaxy S21 UltraではSペンの収納スロットは用意されず、本体ケースで持ち運ぶスタイルでした。一方でGalaxy S22 Ultraは場合、サムスンの元祖スタイラス搭載スマートフォン「Galaxy Noteシリーズ」の特徴をより色濃く受け継ぐことになりそうです。

それ以外にも、「Galaxy S22/S22+」の予測レンダリング画像も公開されています。ただしこちらは現行モデル「Galaxy S21/S21+」とくらべ、背面カメラデザインの若干の変更くらいしか確認できません。

Galaxy S22ではサムスンとAMDが共同開発したプロセッサや、オリンパスの手ブレ補正技術を応用したカメラの搭載などが噂されています。サムスンは前述の独自プロセッサを今年後半に投入すると以前に表明しており、もしかするとGalaxy S22シリーズは来年初旬ではなく、今年年末に発表されるのかもしれません。

 

Source: 91Mobiles