Galaxy S20 Fan Edition発表。高性能で高コスパの「もうひとつのフラッグシップ」

700ドルくらい

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年09月23日, 午後 11:05 in Galaxy S20 Fan Edition
0シェア
FacebookTwitter
Galaxy S20 Fan Edition
Samsung

サムスンが Galaxy S20 シリーズの新製品、Galaxy S20 Fan Edition を発表しました。

フラッグシップの Galaxy S20 と同じ Snapdragon 865 プロセッサや広角・超広角・望遠3カメラ、120Hzディスプレイといったハイエンド仕様を備えつつ、解像度やRAMの量など一部の仕様をミッドレンジにして価格を抑えた、いわゆる「買いやすいフラッグシップ」的な立ち位置の製品です。

Galaxy S20 Fan Edition
Samsung

Galaxy S20 Fan Edition の主な仕様は、Snapdragon 865プロセッサ、6GB RAM (S20はモデルにより8GB~16GB)、128GB内蔵ストレージ (microSDXCスロットは1TBまで対応)、6.5インチ Super AMOLEDディスプレイ (2400 x 1080、120Hz) など。

(訂正:当初誤って Dynamic AMOLED としていましたが、正しくは Super AMOLEDです。お詫びして訂正いたします。)

背面カメラは12MP F1.8 広角(光学手ブレ補正対応、デュアルピクセルAF)、12MP F2.2 超広角、8MP 光学三倍ズーム。ノーマルのS20 5Gと同じトリプルカメラ構成です。(S20+ 5G や S20 Ultraは深度センサを載せたクアッド構成)

一方で、前面カメラは32MPのセンサを載せており、S20 / S20+ を上回ります。(最上位ウルトラハイエンドの S20 Ultra は前面40MP)。

ほか、筐体素材が金属からポリカーボネートになり、ポップな6色が選べるようになりました。本体はIP68防水防塵、バッテリー容量も無印S20より多くS20+と共通の4500mAh。

肝心の価格は、米国では Galaxy S20 Fan Edition sub6 5Gモデルが700ドル、ミリ波5G対応はキャリア Verizon 限定で750ドル。本日より予約受付開始。

絶対値的には安価なミッドレンジではありませんが、モデルにより1000ドル~で発売だった S20 / S20+ / S20 Ultra と比較すれば安く、他社の1000ドル以下モデルと競合する位置づけです。

Galaxy S20 Fan Edition
Samsung

米国での発売は10月2日。「ファン・エディション」の言葉だけでは通常の S20 より上なのか下なのか、別の価値がある限定版なのかよく分かりませんが、これは「すべてのファンへ」お届けするモデル、つまり購入者が限られる高価なハイエンドよりも多くの消費者にお求めやすく、的な意味のようです。S20 Lite とつけて安い格下イメージを避けたい、iPhone XR 的な心理かと思われます。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Galaxy S20 Fan Edition, galaxy, galaxy s20, samsung, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents