Galaxy S20 Tactical Edition発表。軍用にカスタマイズされた堅牢スマホ

Activeシリーズの進化形

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年05月21日, 午後 12:30 in wargadget
0シェア
Galaxy S20 Tactical Edition

Samsungは5月20日(現地時間)、米連邦政府と国防総省のニーズに合わせ、戦場での利用も想定した軍向けスマートフォンSamsung Galaxy S20 Tactical Edition(TE)を発表しました。

堅牢なタフネススマートフォンと言えば、Caterpillar(キャタピラー)社のCAT Sシリーズや、SamsungにもGalaxy Activeシリーズがありました。しかしそれらは、米軍調達規格MIL-STD-810G準拠を謳うものの、本当に米国防総省への納入を目指したものではありません。あくまでも、それぐらい堅牢でしっかりした品質ということを保証するのが目的です。

対してこのGalaxy S20 TEは、米国防総省への納入を目的としたもの。このため、民生品では通常必要ないと考えられるカスタマイズも施されています。

例えば、ナイトビジョン利用時にディスプレイの明かりが邪魔にならないよう、画面のON/OFFを切り替えられたり、ステルスモードではLTE通信やすべてのRFブロードキャストをミュートし、完全なオフグリッドを実現するとのこと。

さらに戦術無線やミッションシステムに接続できるほか、電源オフ時でも2重の暗号化によりデバイスを保護しているとのことです。

また、胸に横向きで取り付けた状態でも簡単にロック解除を行え、ボタンを押すだけでよく使うアプリを起動可能です。

ちなみに、スマートフォンをディスプレイに接続し、PC風に利用できるDeXを使って、車両内や基地に戻ってレポートを作成できる点もアピールしています。

Galaxy S20 Tactical Edition

なお、基本的なハードウェア仕様は通常のGalaxy S20と変わらず、6.2インチディスプレイにSnapdragon 865搭載。RAM12GB、ストレージ128GB、4000mAhバッテリーなど。画像を見ると堅牢なケースに入っているようですが、ハードウェア的にはほとんど変わっていないのかもしれません。

Galaxy S20 TEは、一部のITチャネルパートナーを通じて2020年第3四半期に発売されるとのことです。

source: Samsung


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: wargadget, smartphone, rugged, dualdar, mobile, military, Galaxy S20, Samsung, Android, news, gear
0シェア

Sponsored Contents