Galaxy S21

韓国サムスンの次期スマートフォン「Galaxy S21(仮称)」について、microSDカードスロットが搭載されないとの推測がなされています。

まずリーク情報に強いドイツ語テックサイトのWinFutureは「Galaxy S21シリーズ」の詳細スペックを伝える中で、スペックシートにmicroSDカードスロットへの言及がないことを伝えています。

AndroidスマートフォンではおなじみのmicroSDカードスロットですが、過去にはGalaxy S6で、そして最近の機種ではGalaxy Note10/Note20やGalaxy Z Fold2で搭載が見送られました。このことから、いよいよメインストリームのSシリーズでも、microSDカードスロットの廃止が始まる可能性があります。

また、Galaxy S21+ではUWB(超広帯域通信)での通信もサポートされるようです。UWBは、Galaxy Note20 UltraとGalaxy Z Fold2が対応しています。

一方で、サムスンの公式サイトでは具体的な機種名を明かしていないものの、次期Galaxyスマートフォンの予約を開始しています。サイトから端末を予約すると50ドル分のアクセサリの購入クーポンが付属し、またShop Samsungアプリ経由で予約すれば10ドル分のクレジットも付与されます。

現在のところ、Galaxy S21は2021年1月14日に発表されると目されています。電源アダプタの廃止や上位機種「Galaxy S21 Ultra」でのSペンのサポートなど、来年の新型Galaxy Sシリーズも見どころは多そうです。

Source: Samsung, WinFuture

Via: 9to5Google