Samsung Galaxy S21

韓国サムスンの次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S21(仮称)シリーズ」の詳細スペックが、海外にて伝えられています。

海外テックサイトのAndroid Policeによると、端末では「Galaxy S21(O1)」「Galaxy S21+(T2)」「Galaxy S21 Ultra(P3)」の3モデルが用意されます。

S21、S21+、S21 Ultraはそれぞれ6.2/6.7/6.8インチの120Hz駆動ディスプレイを採用。プロセッサは地域によりSnapdragon 875かExynos 2100が搭載されます。

カメラ構成としては、S21/S21+はメイン1200万画素+広角1200万画素+望遠6400万画素カメラを搭載。一方S21 Ultraは1億800万画素メイン+広角1200万画素+1000万画素光学3倍ズーム+1000万画素光学10倍ズームカメラを採用し、1億800万画素カメラは第2世代の新型センサー、ズームカメラは30%大きなセンサーを搭載しています。

S21/S21+/S21 Ultraのバッテリー容量はそれぞれ4000mAh、4800mAh、5000mAhで、S21 UltraのみがSペンとWi-Fi 6Eに対応します。

これらのスペックをみると、Galaxy S21シリーズは現行の「Galaxy S20」シリーズの順当なアップグレードモデルに相当しそうです。ただしSペンへの統合によるNoteシリーズとの融合の可能性など、重要な転換点となる可能性にも注目が集まります。

Source: Android Police