韓国サムスンの新型スマートフォン「Galaxy S21」の分解動画が、海外にて公開されています。

YouTubeチャンネルのPBKreviewsが公開した動画によれば、背面カメラやマザーボード配置、ワイヤレス充電部品の下部に設置されたバッテリーなど、Galaxy S21の内部構造が前モデルの「Galaxy S20」から大きくは変わっていないことがわかります。

上がGalaxy S21、下がGalaxy S20

ただしGalaxy S21での変更点もあり、まず本体の左右に2本のミリ波5G通信用のアンテナが配置されています。またスピーカー部品や振動モーターの配置にも変更が見られます。さらに、Galaxy S21ではディスプレイを接続するリボンケーブルの取り外しが可能です。このことから、より修理が容易になっていることが想定されます。

Galaxy S21は最上位モデルのS21 UltraではSペンや10倍光学ズームを搭載するなど大きな変化がありましたが、ベースモデルのS21と中位モデルのS20+はプロセッサの刷新など、小規模なアップグレードにとどまっています。

新ガジェット発売後のいつもの流れなら、分解業者のiFixitが別途Galaxy S21シリーズのレポートを掲載するはず。そちらでは大きく進化したGalaxy S21 Ultraの内部構造が明らかになることを期待したいものです。

Source: PBKreviews (YouTube)

Via: XDA Developers