韓国サムスンのハイエンドスマートフォン「Galaxy S21 Ultra」に搭載された有機ELディスプレイは、以前より新世代のパネルが採用されるとのウワサが流れていましたが、このたび同パネルを供給するSamsung Displayがパネルの情報を公開。消費電力を最大16%削減した新モデルであることが公式にアナウンスされました。

Galaxy S21 Ultraには、10〜120Hzでの可変リフレッシュレートに対応した6.8インチ WQHD+ Dynamic AMOLED 2Xディスプレイが搭載されています。


有機ELディスプレイでは非常に薄い有機化合物による有機層に電圧をかけ、発光させることでディスプレイとして利用しますが、Galaxy S21 Ultraの新型パネルでは、有機層のレイヤー同士でより電子が高速に流れる方法を新しく導入。これにより、消費電力の削減と明るさの向上を実現した点を紹介しています。

スマートフォンにはプロセッサや通信モデムなど消費電力の大きなパーツが複数存在しますが、ディスプレイは最も電力を消費するパーツの一つです。また5G通信への対応によりシステムの消費電力が増える中、サムスンの有機ELディスプレイに関する新技術は非常に有用なものとなりそうです。

Source: BusinessWire (Samsung Displayリリース)