韓国サムスンの次期スマートフォン「Galaxy S21 Ultra(仮称)」のSペンとその収納ケースとされる画像が、海外サイトにて掲載されています。

ドイツ語テックサイトのWinFutureが掲載した画像では、Galaxy S21 Ultraの左側にSペンも同時に収納できるケースが確認できます。このようなケースが存在するということは、Galaxy Noteシリーズとは異なりGalaxy S21 UltraのSペンは本体に内蔵されないようです。

Galaxy S21 Ultra Spen

さらに、Sペン本体のものとされる画像も掲載されています。こちらの外観は、Galaxy NoteシリーズのSペンから大きな差異はありません。

なおWinFutureによれば、Galaxy S21 UltraのSペンは感圧機能をそなえ、プレゼンテーションや動画再生、カメラ撮影の操作が可能だと伝えています。さらに加速度センサーを利用したジェスチャー機能もサポートされるようです。

このようなGalaxy S21 UltraでのSペンのサポートはFCC登録からも確認されており、またサムスン重役も「Noteシリーズの人気機能の他機種への移植」を宣言しています。なおWinFutureによれば、Galaxy S21 UltraのSペンは40ユーロ(約5100円)にて別売りされると伝えられています。

サムスンは1月14日にUnpackedイベントを開催し、その場でGalaxy S21シリーズが発表される見込みです。ほぼ確実となったSペンへのサポートを追加するGalaxy Sシリーズが、どれだけ消費者に歓迎されるのかが注目されます。

Source: WinFuture

Via: The Verge