韓国サムスンからの投入が予測されている次期ハイエンドタブレット「Galaxy Tab S8(仮称)シリーズ」のものとされる製品画像を、リークアカウントのevleaksが投稿しています。

Galaxy Tab Sシリーズは韓国サムスンが販売するタブレットシリーズで、昨年8月には「Galaxy Tab S7シリーズ」が発表されていました。また次期モデルとなるGalaxy Tab S8に関しても、上位モデル「Galaxy Tab S8 Ultra」にて前面カメラノッチ付き14.6インチディスプレイの搭載が報告されていました。

上画像はGalaxy Tab S8 Ultraとされるもので、やはりディスプレイの右側にノッチが配置されていることがわかります。ノッチには2個の前面カメラが搭載され、ベゼルもかなり細いデザインとなるようです。

中位モデルに相当するGalaxy Tab S8 Plusではノッチがなく、より分厚いベゼルとクセのないデザインになる模様。また別のリークアカウントのMax Jamborは、Galaxy Tab S8 PlusとGalaxy Tab S8ではディスプレイ指紋認証機能、そしてGalaxy Tab S8 Plusでは本体サイドに指紋認証センサーが搭載されることを報告しています。

下位モデルのGalaxy Tab S8は目立った特徴のない外観のタブレットとなるようです。

Galaxy Tab S8シリーズは来年初頭の発表が予測されています。前モデルのS7シリーズでは最新プロセッサに120Hz駆動画面、最新世代のSペンに対応するなどまさに全部入りの製品でしたが、Galaxy Tab S8シリーズも同様のハイスペックかつ高機能なタブレットになると期待してよさそうです。

Source: evleaks (Twitter)

Via: 9to5Google