韓国サムスンが大画面のプレミアムタブレット「Galaxy Tab S8 Ultra(仮称)」を開発しているとの情報が、ポータルサイトのNaverへの投稿などから予測されています。

Galaxy Tab S8 Ultra

上は、サムスンが顧客に送信したとされるアンケートの画像です。そこには、11インチや12.4インチモデルとあわせて、14.6インチディスプレイを備えた大型タブレットの存在が確認できます。

さらにこの大型タブレットは120Hzでの画面駆動や12000mAhバッテリー、最大12GB RAMと512GBの内蔵ストレージ、クアッドスピーカー、Sペンのサポートなど、プレミアムモデルとして投入されることを示唆しているのです。

なお、現行モデルのGalaxy Tab S7シリーズは11インチの通常モデル、12.4インチのPlusモデルがラインナップされています。一方で米アップルのiPad Proシリーズでは12.9インチモデルが存在しており、それを上回るプレミアムモデルとしてGalaxy Tab S8 Ultraが計画されているのかもしれません。

 

Source: Naver

Via: XDA Developers