Galaxy Tab S7/S7+(仮)やケース画像流出か 画面指紋認証は12.4インチモデルのみ?

iPad Proと一騎打ち?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年07月17日, 午前 11:40 in Samsung
0シェア
FacebookTwitter
Galaxy Tab S7
Galaxy Tab S7

韓国サムスンの次期タブレット「Galaxy Tab S7/S7+(仮称)」のものとされる画像や流出情報が海外にて伝えられています。

上画像は、著名リークアカウントのEvan Blassが掲載したGalaxy Tab S7とそのキーボードケースの画像です。現行モデルの「Galaxy Tab S6」とかなりデザインは似ているものの、左右(画像では上下)のベゼルが若干狭くなっています。

Galaxy Tab S7シリーズは11インチの標準モデルと、12.4インチのGalaxy Tab S7の投入が予測されています。また海外テックサイトの9to5GoogleはGalaxy Tab S7シリーズのスペックとして、Snapdragon 865+プロセッサや6/8GBのRAM、128/256GBの内蔵ストレージ、45Wの高速充電などのスペックを伝えています。

さらに海外テックサイトのSamMobileは、Galaxy Tab S7にディスプレイ指紋認証センサーが搭載されないと伝えています。これは、初の同機能搭載タブレットとして注目されたGalaxy Tab S6からの変更点です。ただし、Galaxy Tab S7+では方式はわからないものの、ディスプレイ指紋認証機能が搭載されると伝えています。

タブレット業界では長らくiPadによる寡占が続いていますが、ハイスペックかつ大画面モデルも登場するGalaxy Tab S7シリーズがそんな現状に風穴を開けることができるのか、注目されます。

Source: Evan Blass, 9to5Google, SamMobile

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Samsung, Galaxy, tablets, news, gear
0シェア
FacebookTwitter