AndroidでもiPad Pro並み120Hz画面のタブレット登場か

Galaxy Tab S7(仮)とされる製品画像が公開

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年06月15日, 午後 06:30 in Samsung
0シェア
FacebookTwitter
Galaxy Tab S7

韓国サムスンの次期タブレット「Galaxy Tab S7(仮称)」の予測レンダリング画像が、海外で掲載されています。こちら、iPad Proに対抗しうるディスプレイスペックを実現するかもしれません。

上の画像は、著名リークアカウントのSteve H.McFlyが投稿したものです。前面のデザインや背面のSペン用の溝などは現行製品の「Galaxy Tab S6」と変わらないものの、背面カメラはデュアルレンズに強化されるようです。

一方でリークアカウントのIce universeは、Galaxy Tab S7/S7+に120Hz駆動ディスプレイが搭載されることを伝えています。

なお、ゲーミングスマートフォンでは120Hz駆動ディスプレイの採用例はありますが、Androidタブレットしては珍しいスペックです。

また120Hzという数値は、米アップルのiPad Proに採用されている「ProMotionディスプレイ」に匹敵します。今回の情報が正しければ、Galaxy Tab S7でもProMotionディスプレイのような、なめらかな描写やスタイラスでの書き心地が期待できそうです。

Galaxy Tab S7は8月のUnpackedイベントにて、Galaxy Note20やGalaxy Fold 2、Galaxy Z Flip 5Gなどとの同時発表が予測されています。数少ないハイエンドAndroidタブレットとして、その存在感を示してほしいものです。

Source:Steve H.McFly (Twitter), Ice universe (Twitter)

Via: 9to5Google 1, 2

 
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Samsung, Galaxy, tablets, Android, news, gear
0シェア
FacebookTwitter