Samsung Galaxy Z

韓国サムスンが2021年に折りたたみスマートフォンを3機種投入するという情報が、海外サイトで報じられています。

韓国ニュースサイトのThe ElecがUBI Researchのレポートとして伝えるところによると、サムスンから来年投入される折りたたみスマートフォンは「Galaxy Z Flip 2」「Galaxy Z Fold 3」「Galaxy Z Fold Lite」の3機種。このうち、Galaxy Z Flip 2は6.7インチの内部ディスプレイと3インチの外部ディスプレイを搭載し、前モデルの「Galaxy Z Flip」から外部ディスプレイが大型化します。

そしてGalaxy Z Fold 3は7インチの内部ディスプレイと4インチの外部ディスプレイを搭載。この内部ディスプレイは画面下カメラを搭載し、また端末はスタイラス(Sペン)をサポートします。

最後のGalaxy Z Foldは、Galaxy Z Fold 3の廉価版に相当します。なお、7インチの内部ディスプレイと4インチの外部ディスプレイという構成に変化はないようです。

サムスン製折りたたみスマートフォンのSペンへ対応廉価版の投入は以前から報じられていましたが、現時点では廉価版が縦折りタイプのZ Flipのバリエーションとして投入されるのか、あるいは横折りタイプのZ Foldのバリエーションになるのかは、情報が錯綜しています。

UBI Researchのレポートによれば、Galaxy Z Fold Liteは2021年第1四半期(1月〜3月)に、そしてGalaxy Z Flip 2とGalaxy Z Fold 3は同年第3四半期(7月〜9月)に投入されるとしています。廃止が報じされているNoteシリーズに替わり、折りたたみスマートフォンのZシリーズがどれだけ市場を牽引できるのかに注目したいところです。

Source: The Elec