Galaxy Z Flip3

韓国サムスンの次期折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold3(仮称)」に120Hz駆動ディスプレイが搭載され、2021年4月以降に投入されるとの予測が海外で報じられています。

著名リークアカウントのIce universeによると、Galaxy Z Flip3は120Hzディスプレイだけでなく、より細いフレームが採用され、価格が安くなると伝えられています。現行のGalaxy Z Flipの6.7インチディスプレイは60Hz駆動なので、一気に「Galaxy Z Fold2 5G」なみの高速駆動画面になることになります。

なおサムスンはGalaxy Z FlipとGalaxy Z Flip 5Gは発売していますが、「Galaxy Z Flip2(仮称)」は発売していません。ですので、次期モデルの名称がGalaxy Z Flip3になるのか、あるいは異なるのかは現時点では断言できません。

その他にも韓国語テックサイトのTehElecは、次期Galaxy Z Flipが4月1日以降にローンチされることや、3〜5機種の折りたたみスマートフォンが投入されることを報告しています。

今年2月にはGalaxy S20シリーズとGalaxy Z Flipが同時発表されましたが、報道が正しければ年初にはまずGalaxy S21(仮称)のみが投入されることになります。また折りたたみスマートフォンの新機種としては、廉価モデルの「Galaxy Z FE(仮称)」Galaxy Z Flip廉価版が噂されています。

Sペンへの対応など、さらなる進化が期待されるGalaxy Zシリーズ。Noteシリーズの機能を取り込んでさらなる進化を遂げることになるのか、注目です。

Source: Ice universe (Weibo), TheElec