Galaxy Z Fold 2の折りたたみ画面、前モデルより強度が向上

相変わらず高いけど安心して使えそうです

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年10月8日, 午前 08:00 in Samsung
0シェア
FacebookTwitter
Galaxy Z Fold 2

サムスンの折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold 2」のヒンジ耐久テストの結果が報告されています。

初代「Galaxy Fold」はヒンジ部分へのホコリ混入などに起因する不具合が報告され、発売が延期された経緯があります。その経験を活かし、Galaxy Z Fold 2では、ヒンジ部分にホコリよけのブラシを採用し、耐久性の向上を果たしました。

YouTubeチャンネルのJerryRigEverythingが公開した動画では、Galaxy Z Fold 2のヒンジ部分の内側に砂をまぶし、折りたたみ耐久テストを実施。結果、砂が降りかかっていない状態と同じように、スムースに折りたたみできることが確認されました。

さらに動画では、ヒンジを外側と内側に強引に折り曲げるテストも実施。それでもヒンジは壊れず、十分な強度であることが実証されています。

折りたたみスマートフォンでは柔軟なディスプレイと、それを支えるヒンジ構造が重要です。値段も高額なので、このように着実な改良が施されると、より安心して購入に踏み切れそうです。

Source: JerryRigEverything(YouTube)


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Samsung, Galaxy, Android, foldable phone, smartphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter