韓国サムスンの次期折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold3」「Galaxy Z Flip2(あるいはFlip3、どちらも仮称)」にて、IP規格による防塵や防水性能が実装される可能性が海外サイトにより報告されています。

今回の情報は、サムスン情報に強いSamMobileが伝えたものです。具体的にGalaxy Z Fold3やGalaxy Z Flip2がどのレベルの防塵・防水性能を実現するのかは伝えられていませんが、これが正しければサムスンの折りたたみスマートフォンとして初めての防塵・防水仕様となります。

折りたたみスマートフォンではそのフレキシブルディスプレイとヒンジ部分の耐久度の向上が、つねに大きな話題でした。初代モデルの「Galaxy Fold」ではレビュー機にて故障が多発し、ヒンジ部分を再設計。そして縦折りスマートフォンの「Galaxy Z Flip」ではサムスン初となるUltra Thin Glass製のディスプレイを採用し、Galaxy Z Fold2ではヒンジ部分が強化されました。

現時点ではGalaxy Z Fold3やFlip2にてどのようなディスプレイやヒンジが採用されるのかはわかっていませんが、今回の情報が正しければ、なんらかの仕様変更があると考えて間違いなさそうです。今年の8月上旬にも発表されると噂の両スマートフォンの、さらなる進化に期待したいものです。

Source: SamMobile