サムスンが発表した折りたたみ画面スマホの最新モデル、Galaxy Z Fold3 のハンズオン動画をお伝えします。

Galaxy Z Fold3 は、サムスン初のフォルダブル(折りたたみ画面)スマホ Galaxy Foldから続くシリーズの第三世代。

フレキシブルなメイン画面の耐久性が従来比80%向上したことで、ワコムデジタイザのスタイラス S Penを使った手書きに対応したのが最大の特徴です。

Galaxy Z Fold3 5G
Samsung

またフォルダブル初の防水仕様、サムスン初のアンダーディスプレイカメラ、画面サイズはそのまま若干薄く軽くなるなど、従来モデルの弱点を克服したうえで最新技術を導入しています。

動画のハンズオン担当は本家米国版Engadget の Cherlynn姐さん。専用Sペンは従来のノート用とどう違うのか、アンダーディスプレイカメラは実際どうなのか等々、内容の一部を箇条書きにして並べます。適宜補足を加えましたが、詳しい製品仕様は発表記事をどうぞ

S Pen対応

  • 専用のS Pen Fold Edition (50ドル)は従来品と微妙に違い、ペン先がやや丸い。

  • (ペン先の細さを盛んにアピールしていた) Galaxy Note用の0.7mmに対して、Fold Editionはペン先1.5mm。だが、十分細かい字も書ける。

  • 方式としては従来と同じワコムデジタイザ。パッシブなので充電不要。

  • 画面を保護するため、強く突くとペン先が引っ込むようになった。ただし意図的にかなり強く突かないかぎりそうならない。

  • スタイラスとしての筆圧検出は4096段階。強く書けば太字等。筆圧でペン先が引っ込んで書きにくいことはない。

Galaxy Z Fold3 5G
Samsung
  • S Pen Pro(100ドル)は長く太く持ちやすい。Bluetooth対応で、エアコマンドやボタンを使ったリモコン的な機能が使える。かわりにUSB-C充電式。

  • カバースクリーン(外画面)はS Pen非対応。念のため。

  • Galaxy Noteと違い、Sペンは本体に収納できない。側面にくっついたり引っ掛けたりもできないのは残念。(ホルダー付きケースは純正で用意する)

  • ペンが使えるようになったのは、メインスクリーンが従来より80%強くなったため。デジタイザの追加も含め、ディスプレイの層構造を変更し新素材を用いた。

  • 「保護フィルム」は製造時に最初から装着してある(というか、保護層がある)。

  • サムスンによれば、スクリーンの耐久性と手書きのレイテンシ(遅延)は歴代のSペン対応デバイスでもっとも優秀。

アンダーディスプレイカメラ

Galaxy Z Fold 3 close up on the under display camera with Google Maps open onscreen.
Cherlynn Low / Engadget

  • メインスクリーン上端近く、右寄りにアンダーディスプレイカメラ。ディスプレイの下(裏側)にレンズが隠れて邪魔にならない。

  • はずだが、黒背景では普通にレンズが見えて混乱した。Googleマップを開いたらほぼ見えなくなったが、場所を知って注目すると目視確認できる。

  • これはレンズに光が入る隙間を設けるため、ディスプレイの画素を減らしていることが理由。そこまで気にはならず、いずれ慣れるかもしれないが、見えることは見える。

  • アンダーディスプレイカメラで撮った写真は特に問題なかったが、自撮りするなら一番高性能なリアカメラかカバー画面のカメラが使える。アンダーディスプレイカメラはメインスクリーンを使いながらビデオ通話等のため。

Galaxy Z Fold3 5G
Samsung

マルチタスク・マルチウィンドウ

  • Foldはフルスクリーンでは正方形に近い22.5:18、画面分割では縦長など表示領域が変わることから、アプリのレイアウトによっては画面の広さが無駄になる場合があった。対策として、実験的なLabs設定から特定のアプリを選んで規定の縦横比を設定できるようになった。

  • そのほか、ゲームなど画面分割やマルチタスクに非対応のアプリでも、オーバーライドしてマルチタスク対応にできる。縦横比固定の場合は画面分割やフローティングウィンドウ表示になる。

  • Galaxy端末おなじみのエッジスクリーンに特定アプリや履歴、アプリの組み合わせを保存しておき、かんたんに開ける。

  • エッジスクリーンを固定してタスクバー的に使えるようになった。実際にどれくらい便利になるか分からないが、アイデアとしては良い。

Galaxy Z Fold 3 with the camera app open in Flex mode
Cherlynn Low / Engadget
  • 「半開き」のフレックスモード。ロックされるまで完全に平らに開けばシングルウィンドウのフルスクリーン、手帳のようにやや折った状態にすると分割画面になるUI。

    たとえばカメラアプリでは、開くとフルスクリーンでプレビュー、わずかに折ると片方の画面でプレビューしつつもう片方でいま撮影した写真を表示など。

    サムスンによれば、現時点ではまだフレックスモード対応アプリは多くないが、アプリ開発者と協力して導入を進めてゆく。

Galaxy Z Fold3 5G
Samsung

まとめ

三代目は過去から学び、試用した範囲ではとても洗練された印象。しかもFold2の2000ドルより200ドル安くなった。

まだ平均的な消費者向けには高すぎるが、第3世代になってようやく、フォルダブルがメインストリームで受け入れられる将来が想像できるようになった。

Galaxy Z Fold3 5G発表。Sペン対応・防水に進化した元祖フォルダブルスマホ

Galaxy Z Fold 3 hands-on: Built stronger for durability and S Pen support | Engadget