スーパーマリオ35周年記念、山手線沿線でスタンプラリーを開催

オンライでも実施

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年09月26日, 午後 12:00 in games
0シェア
FacebookTwitter

スーパーマリオブラザーズ35周年と山手線沿線を中心とした東京エリアの魅力発信プロジェクト「FUN!TOKYO!」とのコラボ企画「JR東日本 スーパーマリオ PLAY!TOKYO!」が10月8日から開催されます。

「JR東日本 スーパーマリオ PLAY!TOKYO!」は駅を回って、QRコードでスタンプを集めるデジタルスタンプラリーです。スタンプラリーが開催される35駅には、マリオに関連するゲームソフトのパッケージが並んでいます。実施期間は10月8日~12月17日です。

全35駅にあるキャラクターパネルを見つけてQRコードを読み取るとキャラクターのスタンプをゲットできます。5駅達成とゴール店舗にてSuica等の交通系電子マネーを使って500円(税込み)以上のお買い物で「オリジナルステッカー」を入手可能。

オリジナルパスケース

15駅達成でゴール店舗にて「オリジナルパスケース」を入手できます。全35駅を制覇して「オリジナルステッカー」を手に入れていれば、「マリオウッドクロック(スーパーマリオ PLAY!TOKYO! ver.)」か「JRE POINT 1万円分」があたる抽選に参加可能です。

本企画と併せて「JR東日本 スーパーマリオ スタンプラリー オンライン」も実施予定。専用サイトに毎日アクセスすることで、スタンプを集めます。15駅達成で「オリジナルパスケース」が当たる応募抽選に参加可能で、全35駅制覇でボーナス壁紙を入手できます。こちらの開催期間は11月10日〜12月17日です。

また、東京駅と新宿駅ではスーパーマリオ35周年の特別展示も展開予定です。

▲東京駅八重洲側のGRANROOF(グランルーフ)2階デッキにアートウォールや年表を展示。
▲新宿駅南口の南改札近くの構内には、スーパーマリオシリーズの名場面が出現します。

関連リンク:

JR東日本 スーパーマリオ PLAY!TOKYO!

JR東日本 スーパーマリオ スタンプラリー オンライン

 

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: games, nintendo switch, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents