任天堂が、E3 2021に合わせて公開したニンテンドーダイレクト。主役となったのはNintendo Switchの新作ソフトの数々でした。が、その中のトリを飾るゼルダの伝説シリーズに関する発表で、隠し球的に『ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説』が発表されました。

発売日は11月12日、価格は税込5480円。昨年11月13日には『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』が発売されているので、ちょうど1年での新作登場となります。

参考記事:任天堂『ゲーム&ウオッチ』復活。スーパーマリオ35周年記念のカラー新作を限定生産


基本ハードウェアやシステムは、スーパーマリオと同じく(そしてオリジナルとは異なり)、フルカラー液晶ディスプレイ搭載を搭載し、複数のクラシック作品が収録された構成。

収録タイトルは、

  • ゼルダの伝説(ファミコン版)

  • リンクの冒険(ファミコン版)

  • ゼルダの伝説 夢をみる島(ゲームボーイ版)

  • バーミン(ゲーム&ウオッチの同名作品アレンジ版)

の4作品。

G&W Zelda 2021

さらにスーパーマリオにて数々の仕掛けが話題となった時計表示モードも、『遊べるゼルダ時計』として収録。加えて今回のゼルダでは、タイマーモードとして『遊べるショートタイマー』も搭載します。

ここで気になるのが『遊べる』という言葉ですが、これはデジタル時計とショートタイマーで表示されるリンク(主人公キャラ)をプレーヤーが操作して遊ぶこともできるため。

とくにショートタイマーでは、『リンクの冒険』プレーヤーのトラウマとなっている超強敵『シャドウリンク』と闘うシーンもあったり、スコアやハイスコア(TOP)表示と思わしき数字が画面下に表示されるなど、何やら「タイマーと称した時間制限チャレンジモード」的な様相も見て取れます。

G&W Zelda 2021

そして隠れた注目が、収録された『バーミン』。元は1980年発売のゲーム&ウオッチ作品で、テーマはモグラ叩き。

原作での主人公は(いわゆる)Mr.ゲーム&ウオッチ風の人物ですが、本作ではリンクが主人公に。ゲームのシステムは変わらないため「リンクが襲来するモグラをひたすらハンマーで叩く」という、スーパーマリオ版の『ボール』以上にファンにとってジワジワ来る絵面となっています。


主なハードウェア的な仕様は、ボタン数(本作では『SELECT』と『START』が新設されています)以外はスーパーマリオを継承します。

ディスプレイは2.36インチのフルカラー液晶で、本体サイズは112×67×12.5mm(幅×高さ×厚さ)、重量は約68g。

バッテリーは内蔵(交換不可能)のリチウムイオン仕様で、バッテリー駆動時間は「約3時間の充電で約8時間のゲームプレイが可能」と公開されています。

さて、スーパーマリオでは、ともすれば本体の仕様以上に注目が集まったのが「2021年3月までの期間限定生産品」という点。そのためもあってか、発売時は品薄状態となりました(ただし生産期間がそれなりに長いこともあってか、現在では生産こそ終了してはいますが、入手は比較的容易に可能です)。

本作ではこのあたりが気になるところですが、現時点では嬉しいことに限定生産の報はなし。

スーパーマリオではスーパーマリオ35周年記念アイテムでもあり、またブランド復活の第1弾ということもあってか、実験的な意味合いもあっての限定生産と思われます。対して本作では、マリオの人気や当初の品薄をしっかりと踏まえ、通常アイテムとなったということでしょう。

G&W Zelda 2021

このように本作は、ゼルダシリーズ初期作を気軽に遊べるというだけでなく、ゲーム&ウオッチとしてもスーパーマリオ以上の遊び心が盛り込まれた、第2弾として納得感の強い構成。

もともとの作品がスーパーマリオ以上にクリアまでの時間が長い(セーブ・ロードでの進行を前提とした)タイトルだけあり、隙間時間で気軽に遊べるハードウェアとの相性は良さそうです。

ファンにとっては、「初代ゼルダの元のバージョンはどれだ?」「ファミコンでのマイク入力はどうなる」「リンクの冒険イージーモード的なものは用意されるのか」といった疑問点もありますが、それらを含めて、仕上がりがどうなるのか楽しみなところでしょう。

Source:ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説 公式サイト