GBC
Otto Climan

先日、17年前のiPodでSpotify再生可能にした猛者が現われていましたが、今度はゲームボーイカラー(GBC)をApple TV用リモコンに変身させたハッカーが登場しています。

YouTuberのオットー・クライマン氏はGBCの薄暗かった画面をバックライト付き液晶に交換し、さらに昔のMacを思わせる虹色リンゴロゴが入った純白のケースを自作。さらにレトロゲーム機改造パーツを販売するRetro Moddingから白いボタンやmicroSDカード(自作アプリ等を収納できる)が挿入できるフラッシュカートリッジを取り寄せています。

一方で内部の基板などはそのままで、特に改造はしていません。

続いてクライマン氏は自らプログラムを書き、フラッシュカートリッジを通じてGBCに読み込ませ、Apple TVを操作できるリモコンと化しています。

具体的にはGBC内蔵の赤外線通信機能にアクセスしてApple TV側のセンサーに認識できるように調整し、十字キーとボタンをApple TVのユーザーインターフェースにマッピングしているわけです。

現在販売しているApple TVのSiri RemoteはBluetooth経由となっていますが、今なお赤外線リモコンのサポートも継続しているおかげで今回の挑戦が成功したしだいです。リモコン機能を抜きにしても、バックライト付きで画面が明るくなった同氏の改造GBCは、クラシックゲーマーにとって魅力的と言えそうです。

Source:YouTube(Otto Climan)

via:Gizmodo(US),9to5Mac